2018年9月20日木曜日

JoiのPh.D取得記念パーティーに行ってきた!

デジタルガレージ・テクノラティ・Joi Ito's Lab時代の上司だったJoiこと伊藤穰一さんの博士号取得記念パーティーに行ってきました。Joi、おめでとうございます!



<集合写真:photo credit 石井裕先生>

Joi の博士論文は GitHub に上がってます。

"The Practice of Change"

https://github.com/Joi/phd-dissertation

日本語タイトルは「変革論」。

 "How I survived being interested in everything"っていうのがJoiらしい :D

Untitled

Untitled

村井先生と Joi。ビフォア

Untitled

アフター

Untitled

色々お作法があるらしい。

Untitled

後ろのデザインも素敵ということで後ろもご紹介。

Untitled

たくさんの方がお祝いにかけつけました。皆さん、素敵な笑顔!

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

博士論文は284ページもあるのですが、Joi みずから概要を15分でご紹介!
御本人の許可を頂いたので思い出しながらご紹介。

15分解説版:"The Practice of Change"

世の中は複雑なシステムでできており、自然に適応していくようになっている。

Untitled

現代の経済は複雑だけど循環するシステム(circular system)ではないのが問題。世の中は便利で効率のよい「プロセス」を求め、それが複雑なシステムを壊していき、富は循環せず、貧富の差がますます開いていく。

Untitled

では何が必要なのかというと、Art, Science, Design, Engineeringのループ

Untitled

昔のBauhausの事例。建築や素材、色やツールなどをループさせることによって、この時代に合う新しい開発が行われ、新しい物が生み出されていた。

ちなみにその頃の真ん中はハウス(building)だった。今はawareness。

Untitled

これは自然から来たマテリアルでできた像で、自然に戻すことができ、建築であり、デザインでもあり、アートであり、工学でもある。

Untitled

大自然から学ぶため、メディアラボでは世界中の原住民の研究を行っている。原住民たちは、太古から自然とのコミュニケーションをやってきた。日本も自然との共生を得意としてきたはずの国なのに、高度経済成長でそれが壊れてしまったのではないか。

Untitled

BI(Before Internet)の安定していた時代。

Untitled

AI(After Internet)で一気に複雑化していった。

Untitled

インターネットの黎明期は、お風呂場に突っ込まれたサーバ達で某ISPが動いていて、某新聞社のウェブサイトのバックエンドもここで動いていた。99.9%は動いてて、時々熱で止まってしまい、慌ててファンを買いに行くような時代だった。

Untitled

電話の時代には大きな電話の会社があり、ITUのような規制機関があり、そして主なステークホルダーとしては政府がある、こんな構造だった。

Untitled

それに対してインターネット時代には色々なレイヤーが出てきて、オープンプロトコルや強制的な価格破壊、アンバンドル化がどんどん行われていった。

Untitled

ブロックチェーンもこんな風にアンバンドル化できるのでは。

Untitled

昔のインターネットというのは、経理の人が自分でプログラムを書いてみて計算ソフトを作ったり動かしてみたり、自分でゲームを作ってみたり、自分たちで何かを作り出せる世界だった。

Untitled

インターネットはレゴみたいなもので、エコシステムになっていた。

Untitled

そしてそこから色々なサービスが次々と誕生していった。

Untitled

ところが今は、レゴ型ではなく、ソリューション型、パッケージ型になってしまった。

Untitled

昔は企業の方が効率良かったのだが、複雑化する世の中の中で、企業よりバーチャルコミュニティの方が効率がよくなってきた。

Untitled

資本型モノポリーからネットワーク型モノポリーへ。

Untitled

SafeCastの事例紹介。
SafeCastとは、東日本大震災の後にJoiが立ち上げた放射能を図るコミュニティ。

Untitled

現在は1億データポイントまできた。

Untitled

SafeCastでは、ガイガーカウンターを市民のみんながキットで作ったり、データを測ったり、アップロードしたりする。学者や国がやるのではなく、みんなが参加することが重要。学者や国が出してくるデータを見ているだけだとみんなは動かないけど、自分で作ると人々がアクティベートされる

Untitled

Joiの家のキッチンでDNAの研究。

Untitled

従来は囲い込みがちだった、農業のオープンリサーチが始まった。

Untitled

CubeSatは衛星をみんなで作るプロジェクト。宇宙もオープン化が始まった。学生でも自分で設計して衛星を打ち上げられる。

Untitled

複雑なシステムの中で変革を起こすには、システムを変えるのではなくゴールを変えることが大事。

ゲーム「Monopoly」は有名だが、実はもともとは共産主義の人が作った「資本主義は悲劇になる」(大家と借り主の世界、土地の独占が可能となるような社会制度はよくない)というコンセプトのゲームだった。

ところが、このゲームのゴールを「友達を倒産させる」ことに変えたところ、ブレイクした。

Untitled


GenZの子どもたちが世界を変える!

GenZの若い子達は、ソーシャルメディアがなかった頃を知らない。この子達が世の中の考え方、バリューを変えていく。我々大人はそれをサポートしていかないといけない。

フロリダの高校で銃乱射事件が起きた後、それでもJoiがアメリカの未来について楽観的でいられるのは、GenZの子どもたちの動きを見たから。

Untitled

学校をボイコットしたり、アクティビストの活動をしたり、と動き始めた生徒たち。それに対して、退学にするぞと脅す高校の先生たち。そうした活動をしている生徒達を「じゃあうちの大学で受け入れるぞ、どんどんやれ!」ともりあげるMITを始めとする大学たち。

Untitled

昔のヒッピー時代にもつながる、こういう子どもたちを、我々大人たちは信用して、支援するべきなのだ。。。ということでお話終了。

せっかくなので最後にJoiとツーショット :D
改めて博士号取得、おめでとうございます〜!

Untitled

Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。