2017年1月22日日曜日

ついにこの日が。オバマ退任、トランプ就任。

ついにこの日が来てしまいました。

が、その前にこっちから。。。オバマ大統領の退任スピーチの動画をどうぞ。




全文書き起こし日本語訳 &  原文

「表に出よう。飛び込め。続けるんだ」これがオバマ大統領退任スピーチ全文だ

Full text of President Obama’s farewell speech from Chicago

If something needs fixing, then lace up your shoes and do some organizing.
直さないといけないと思うことがあるなら靴紐引き締めて活動を始めなさい。
I do have one final ask of you as your president — the same thing I asked when you took a chance on me eight years ago. I am asking you to believe. Not in my ability to bring about change — but in yours.
変化をもたらすのは大統領である私の力ではなく、みなさん自身の力なんだと、信じてください。

USDS を作った立役者 Mikey Dickerson はオバマ大統領の退任と共に退任する。後任には Google でずっとスパム対策チームのリーダー・SEO対策をやってきた Matt Cutts が就任。

Mikey の最後のブログも紹介しておこう。

You’ll Never Be The Same Again

Today, it’s more important than ever that technologists put their skills to work helping those who need it most. 
今日ほど、テクノロジストが自らのスキルをそれを必要とする人のために役立てることが重要な時代はない。
If you have an opinion about the future of our country, if you’re frustrated with the status quo, if you don’t like the future you currently imagine and you want a better one, it’s time to show up.
国の未来について意見があるなら、現状に失望しているなら、今見える未来が不満でよりよい未来に変えたいと思っているなら、行動に移せ。

黙っててもまともな判断をしてくれる大統領が国を率いてくれる時代は終わった。
個々人がきちんと政府が何をやっているのか、危機意識をもって注視し
おかしいことが起きていたら行動を起こさないといけない時代に突入する。

でも、それこそが Civic Innovation で目指していたことで
政府に全て任せるのではなく、
市民が自ら考えて自分の政府や自治体を改善していくということを志していた。

こういう形で実現されるのは不本意だけれど、
ここまで危機意識が煽られないと民衆は動かない。。。と考えるべきなのか。

Jennifer Pahlka のブログ The President’s Final Ask of Us

オバマ大統領の今後はこちらで > https://www.obama.org/

====================================================

そしてとうとう来てしまった。

トランプ大統領の就任スピーチの動画をどうぞ。



全文書き起こし日本語訳 &  原文

トランプ大統領就任演説 日本語訳全文

Donald Trump’s full inauguration speech transcript, annotated

We are transferring power from Washington D.C. and giving it back to you, the People.
 ワシントン DC から国民に権力を戻すぞー。
The forgotten men and women of our country will be forgotten no longer.
今まで忘れられてた人たちは忘れられた存在ではなくなるぞー。
From this day forward, it's going to be only America First. America First.
今日からはアメリカ第一、アメリカ第一主義だからねー。 
We will follow two simple rules; buy American and hire American.
ルールはシンプル、2つだけ。アメリカの物を買い、アメリカ人を雇う。以上。
We Will Make America Strong Again. We Will Make America Wealthy Again. We Will Make America Proud Again. We Will Make America Safe Again. And, Yes, Together, We Will Make America Great Again.
アメリカをまた強く、裕福に、誇りに思えるように、安全に、偉大にしちゃるぞー。  

支持率 40% 不支持 52% と歴史的な支持率の低さの大統領の誕生。ちなみに就任当時のオバマ大統領の支持率は 84%。

トランプ氏支持率 40%、歴史的低さ 本人「不正操作」

こっちの世論調査では更に低くて支持率 37%、不支持 54%。

Poll: Trump approval rating hits new low hours before inauguration

さて。

今までは市民に政治に興味をもたせようとしても忙しい現代人は政治に興味がなかったのに、トランプ政権はあまりにあやうすぎてみんな政策議論を始めている。

今までは忙しい現代人は大臣の選ばれた背景などには興味がなかったのに、トランプ政権はあまりにあやうすぎてみんなが調べ始めている。

今までは市民を動かそうとしても忙しい現代人はアクティビズムに興味がなかったのに、トランプ政権はあまりにあやうすぎてみんなアクティビストになり始めている。

今まではニュースを盲信しないように注意したとしても忙しい現代人はニュースのファクトチェックなんてしなかったのに、嘘が多すぎてみんなファクトチェックをし始めている。

超逆説的だがこれだけやばい、危機的な状況が今まで動かせなかった物を動かしているというのは皮肉な事実である。

トランプが話すことは事実なのか、我々はちゃんと監視していかないといけない。まともな大統領がまともな話をしていると安心してカウチポテトしてたら大変なことになる。

さっそく、今日のトランプ大統領就任演説のファクトチェックが続々とあがっている。
-AP通信 のファクトチェック "AP fact check: Trump’s inaugural speech"
-USA Today のファクトチェック "Fact check: President Trump's inaugural address"

ProPublica は「トランプが大統領に就任するのに合わせ、担当レポーターがそれぞれ何について深掘りするのかを公開します。情報提供よろしく」という記事を掲載。利益相反、公民権、軍事、公正な選挙と選挙権、ヘイトクライムと過激主義、テクノロジーとプライバシー、移民、環境問題など、数々のカテゴリーと担当記者や連絡先などが並ぶ。

This is What ProPublica is Now Covering 
-As President Trump takes office, we’re sharing what many of our reporters are digging into.

●トランプがどういう閣僚をどういう理由で選んでいるのか、我々はちゃんと監視していかないといけない。まともな大統領がまともな理由でまともな人を選ぶと安心してカウチポテトしてたら大変なことになる。

トランプが選んだ閣僚を「今北産業」でまとめてるサイト。

Donald Trump's cabinet picks: Who's who?

たとえば、EPA には Rick Perry... EPA いらんって言ってた人。。。まあ「EPA」っていう言葉すら覚えられない人だけど。動画参照。。。

Rick Perry, Ex-Governor of Texas, Is Trump’s Pick as Energy Secretary

町山さんが日本語でこのへんを解説している。

町山智浩 トランプ政権の閣僚の顔ぶれと選考基準を語る

ちょっと長いのでかいつまんでまとめると:

・国務長官:レックス・ティラーソン。世界最大の石油会社エクソン・モービルのCEO。ロシアと合弁企業を立ち上げたりしてロシアとべったべた。 
・エネルギー省長官:リック・ペリー。「エネルギー省をつぶす」って言っていた張本人。ただしエネルギー省がやっている仕事を知らずに省の廃止を唱えていたという抜けっぷり。 
・環境保護庁長官:スコット・プルイット。環境保護庁が大気汚染や水質汚染を理由に排気ガスや排水の規制をしていることが企業に対する妨害であると、環境保護庁に対して訴訟を起こしている張本人。 環境保護する気なし。
・労働長官:アンドリュー・パズダー。労働者を守るための省庁の長官なのに、ハンバーガーチェーンのカールスジュニアの経営者、労働者を搾取する側の人。 
・保健福祉長官:トム・プライス。オバマケア、公的医療保険の撤廃を掲げている人。 
・教育長官:ベッツィー・デボス。公立学校の運営や管理をする立場なのに公立学校を否定している人をあててきた。資産51億ドルの資産家でロビー活動も活発。 
・中小企業長官:リンダ・マクマホン。プロレスで独占企業のWWEを夫婦で経営していた奥さんの方。中小プロレス団体を潰して独占を築いてきた張本人が中小企業を守るはずの立場に。 
・司法長官:ジェフ・セッションズ。公民権運動の聖地セルマの出身なのに、公民権運動に反対してきた人。異人種間結婚(黒人と白人とか)も反対。刑務所での拷問を禁止する法律に対しても反対、貧困家庭への食費援助の削減には賛成しているという人権弾圧っぷり。 
・財務長官:ゴールドマン・サックス出身のスティーブン・ムニューチン。ウォール街を見張るべき役割にウォール街のOBをつけてどうする。
・既得権者は敵だ、ヒラリーは既得権者だ、ゴールドマン・サックスはヒラリーの味方だから敵だと叩いて大統領になったのに、なったとたんに閣僚候補はみんなお金持ち、既得権者、エスタブリッシュメントというこの矛盾。

何の冗談ですか、っていうこの人選。

ロイター情報BOX:トランプ米次期政権の閣僚候補者の顔ぶれ

あ、そうそう忘れちゃいけない。
・ホワイトハウスの上級顧問:ジャレッド・クシュナー。トランプ大統領の娘イバンカの夫、つまり義理の息子。これは親族を閣僚ポストに就任させることを禁じた1967年施行の「反縁故者法」の法律違反のはずなのだが、「トランプ自身がホワイトハウス職員を指名するのは違法じゃない」とか「給与を受け取らないから違法じゃない」とか色々理屈をこねくり回してる。

トランプ次期大統領の新たな上級顧問、娘婿のジャレッド・クシュナー氏とは何者なのか?

しかし今日の彼の就任演説にあった「ワシントンDCから国民に権力を戻す」という主張とは微妙に一致する。一気に弱体化させられるワシントンDC。それでいいのかアメリカよ。受け止める器はどこにあるのだ。

そういえば昔、「自民党をぶっ壊す」って言ってた人がいたなあと思い出す。日本だと自民党がぶっ壊れても優秀な官僚の人達が粛々と仕事を回していくけど、今回は「政府の職員多すぎだろ。減らすべき」とか、「まず大統領になって100日間は政府での採用を凍結し、退職した職員のリプレースは行わない」とか言っている候補が大統領になり、職員たちが「国民のため」と思って一生懸命働いている省庁に対して反対している人たちをトップに据えてくるこの状況に対して、「連邦政府の職員の 28% がトランプ就任を機に退職したがっている」という調査結果も出ている。

Trump is about to make life hard for government workers

The idea, as Trump has reportedly expressed, is that within the first 100 days in office he will freeze hiring in various sectors of government, and not replace employees who leave. This can be done without Congress’s approval through an executive order.

28% of federal employees may quit their jobs when Trump assumes office: Poll

“More than one in four federal workers, or 28 percent, will definitely or possibly consider leaving their jobs after Jan. 20 when Trump is sworn into office and becomes leader of the executive branch,” according to the survey conducted by the Government Business Council and Government Executive, which both track the trends of the field.

あと、トランプが大好きでよく使い、就任演説でも出動した「忘れられた人たちは忘れられた存在ではなくなる」ってフレーズ。閣僚をこんなに既得権者で固めちゃって、どうやって実現するんだろうなあ。

トランプがどういう情報発信をし、どういう情報操作をしているのか、我々はちゃんと監視していかないといけない。まともな大統領がまともな理由でまともな情報発信をしていくと安心してカウチポテトしてたら大変なことになる。

さっそくだが、ホワイトハウスのウェブサイトから、公民権、温暖化問題、ヘルスケアと LGBT についてのページが全て消滅した。今後そうしたページが復活するのか、どういう内容で復活するのかは注視していく必要がある。

Civil Rights, Climate Change, and Healthcare Were All Scrubbed from the White House Website

ドナルド・トランプ氏が米大統領に就任 連邦政府サイトからLGBTページが消える

●トランプがおかしなことをしているときに、我々はちゃんと声を上げていかないといけない。
まともな大統領がまともな政治を行ってくれると安心してカウチポテトしてたら大変なことになる。

オバマ大統領の就任式とトランプ大統領の就任式の参加者比較。

だけど、無関心になったり耳を塞いだりしたら相手の思うつぼ。トランプのやりたい放題になっていくだろう。

明日はワシントン DC で抗議行進 "Women's March on Washington" が開催される。

Women’s March on Washington: What You Need to Know


アメリカ中からDCへ向かう飛行機の数々がこの Women's March 参加者でいっぱいだったらしい。

Party planes full of 'nasty women' are heading to DC




金曜日のトランプの就任式(金曜日)よりも今日の Women's March(土曜日)の方が参加者が多い件。





アメリカだけで、100万人を超える人々が様々な都市で参加。
アメリカだけではなく世界中で。。。そしてなんと南極でも March が行われている。

Women's Marches: 1 million joined marches in the USA alone

私が住むサンフランシスコでももちろん Women's March SF が開催される。

なお、領事館からのメールによれば、ベイエリアだけ、かつここ数日だけでこれだけの抗議集会が予定されているらしい。

【当地で計画されている主な抗議デモ】
◆ 1月20日(金)
□ サンフランシスコ(San Francisco)
○ フィナンシャル地区(Financial District)
・ 午前8時~Justin Herman Plaza(住所:1301 Clay St.)に集合
・ その後,午後1時まで集会及びデモ行進(エリア:Financial District)
○ ゴールデン・ゲート・ブリッジ(The Golden Gate Bridge)
・ 午前10時~ブリッジ上でHuman Chain(人間の鎖)による示威運動
□ オークランド(Oakland)
・ 午前7時~Ronald V. Dellums Federal Building(住所:1301 Clay St.)前に集合
・ 午前9時~Frank H. Ogawa Plazaで説明会
・ 午後0時~集会及びデモ行進(エリア:Latham Square, Broadway, Telegraph Ave.)
□ サンノゼ(San Jose)
・ 午前11時~集会及びデモ行進(エリア:Plaza de Cesar Chavez Park)
□ サン・レアンドロ(San Leandro)
・ 午前11時30分~サン・レアンドロ・バート駅(San Leandro BART Station)前に集合
・ その後,デモ行進(エリア:San Leandro Blvd.)
□ サン・アンセルモ(San Anselmo)及びサン・ラファエル(San Rafael)
・ 午後1時~Creek Park(San Anselmo)及びPickleweed Park(San Rafael)に集合
・ それぞれデモ行進で午後3時までに合流
・ その後,サン・ラファエル市役所及びコミュニティセンター(住所:618 B st.)で集会
◆ 1月21日(土)
□ Women’s March関連
○ サンフランシスコ
・ 午後2時~Grace Cathedral(住所:1100 California St.)にて集会
・ 午後3時~午後5時,デモ行進(エリア:Civic Center PlazaからJustin Herman Plaz)
○ オークランド
・ 午前10時,デモ行進(エリア:Madison Park)
○ サンノゼ
・ 午前10時,デモ行進(エリア:City Hall)
○ ウォルナット・クリーク(Walnut Creek)
・ 午前10時30分,Civic Park(住所:1375 Civic Dr.)に集合
・ その後,Walnut Creek BART Stationまでデモ行進
○ ナパ(Napa)
・ 午前10時,Oxbow Public Market駐車場(住所:1st ST.)に集合
・ その後,Veterans Memorial Parkまでデモ行進
□ レッドウッド(Redwood City)
・ 午前11時~Courthouse Square(住所:2200 Broadway)にて集会
□ サンタ・ローザ(Santa Rosa)・ 午後0時~Santa Rosa City Hall(住所:100 Santa Rosa Ave.)にて集会
ちなみに私の住むサンフランシスコの市議会は昨年11月にこういう声明を出したロックな街である。そして私も週末はロックな街のロックな抗議集会に参加してくる予定である。

San Francisco’s Official Response to the Election of Trump

「サンフランシスコ市のトランプの選挙結果に対する公式見解」 
RESOLVED, That no matter the threats made by President-elect Trump, San Francisco will remain a Sanctuary City. We will not turn our back on the men and women from other countries who help make this city great, and who represent over one third of our population. This is the Golden Gate—we build bridges, not walls; and, be it 
トランプ大統領がどんな脅威を使おうと、サンフランシスコではこの都市の発展に寄与してくれた移民の皆さんを守ります。ゴールデンゲートがあるこの街では橋を築くのであって、壁を作るのではない。 (トランプは移民排斥主義)
FURTHER RESOLVED, That we will never back down on women’s rights, whether in healthcare, the workplace, or any other area threatened by a man who treats women as obstacles to be demeaned or objects to be assaulted. And just as important, we will ensure our young girls grow up with role models who show them they can be or do anything; and, be it 
サンフランシスコでは女性の権利を守ります。若い女性が目指すべきロールモデルの存在も重要です。(トランプは女性蔑視が激しい)
FURTHER RESOLVED, That there will be no conversion therapy, no withdrawal of rights in San Francisco. We began hosting gay weddings twelve years ago, and we are not stopping now. And to all the LGBTQ people all over the country who feel scared, bullied, or alone: You matter. You are seen; you are loved; and San Francisco will never stop fighting for you; and, be it 
サンフランシスコでは12年前にゲイの結婚式を始めたし、それを止めるつもりはありません。国中の LGBTQ の皆さん。怖い思いをしたり、いじめられたり、孤独を感じていたらあなたは大切な人なんだと伝えたい。あなたを見てくれている人がいる。愛してくれている人がいる。サンフランシスコは決してあなたのために戦うことをやめません。(トランプはアンチ LGBTQ) 
FURTHER RESOLVED, That we still believe in this nation’s founding principle of religious freedom. We do not ban people for their faith. And the only lists we keep are on invitations to come pray together; and, be it 
サンフランシスコでは宗教の自由を尊重します。信仰によって人を排斥するようなことはしません。共に祈るための招待状を送るための名簿以外の名簿は作りません。(トランプはイスラム教徒のリストを作ると発言)
FURTHER RESOLVED, That Black Lives Matter in San Francisco, even if they may not in the White House. And guided by President Obama’s Task Force on 21st Century Policing, we will continue reforming our police department and rebuilding trust between police and communities of color so all citizens feel safe in their neighborhoods; and, be it 
サンフランシスコでは黒人の命は大切だと考えられています、ホワイトハウスではそうでなかったとしても。市民のみなさんが地域の安全を感じられるよう、オバマ大統領の21世紀の警察タスクフォースに基づき、 警察機関と有色人種のコミュニティの間の信頼を取り戻す活動を推進し続けます。
FURTHER RESOLVED, That climate change is not a hoax, or a plot by the Chinese. In this city, surrounded by water on three sides, science matters. And we will continue our work on CleanPower, Zero Waste, and everything else we are doing to protect future generations; and, be it 
気象変動はデマでも中国人による策略でもない。3方を水で囲まれたこの街では、サイエンスは重要なのです。 クリーンパワー、ゴミなし運動など、未来の世代の生活を守るための活動はすべて続けていきます。(トランプは地球温暖化の概念は米国製造業の競争力を奪うために中国が作った物だとツイート)
FURTHER RESOLVED, That we have been providing universal health care in this city for nearly a decade, and if the new administration follows through on its callous promise to revoke health insurance from 20 million people, San Franciscans will be protected; and, be it 
 サンフランシスコではユニバーサルヘルスケアを過去10年間近く提供してきました。新政権が2000万人に提供されている健康保険を無効にしたとしても、サンフランシスコ市民は守ります。(トランプはオバマケア廃止を唱えていた)
FURTHER RESOLVED, That we are the birthplace of the United Nations, a city made stronger by the thousands of international visitors we welcome every day. We will remain committed to internationalism and to our friends and allies around the world—whether the administration in Washington is or not; and, be it 
 サンフランシスコは国連が生まれた街であり、海外からの訪問者によって強くなってきた街でもあります。今後も世界中の友人、同盟国と共に国際化につとめます。ワシントンが鎖国主義を取ったとしても。
FURTHER RESOLVED, That San Francisco will remain a Transit First city and will continue building Muni and BART systems we can all rely upon, whether this administration follows through on its platform to eliminate federal transit funding or not; and, be it 
サンフランシスコは交通都市であり、MuniやBARTといった信頼できる交通インフラを作り続けます。新政権が連邦の交通インフラ資金を廃絶したとしても。 (トランプ政権は交通インフラ資金を激減させる予定
FURTHER RESOLVED, That California is the sixth largest economy in the world. The Bay Area is the innovation capital of the country. We will not be bullied by threats to revoke our federal funding, nor will we sacrifice our values or members of our community for your dollar; and, be it 
カリフォルニアは世界で6番目に大きい経済地域で、ベイエリアはその中でもイノベーションの中心です。我々は連邦の資金削減の脅威に屈しないし、お金のために価値観やコミュニティの人たちを犠牲にすることはしません。 (逆に言うとお金がない州や都市は資金カットに屈するしかないのだろうな。。。)
FURTHER RESOLVED, That we condemn all hate crimes and hate speech perpetrated in this election’s wake. That although the United States will soon have a President who has demonstrated a lack of respect for the values we hold in the highest regard in San Francisco, it cannot change who we are, and it will never change our values. We argue, we campaign, we debate vigorously within San Francisco, but on these points we are 100 percent united. We will fight discrimination and recklessness in all its forms. We are one City. And we will move forward together.
今回の選挙結果によって引き起こされたヘイトクライムやヘイトスピーチを全て糾弾します。アメリカ合衆国は我々がもつ価値観に対してリスペクトを持たない人を大統領とすることが決まりましたが、我々の価値観を変えることはできません。我々は差別や配慮のない振る舞いに対しては断固戦います。

"Make America Great Again" アメリカがトランプ政権で偉大になるのかどうかはこれから見守っていこう。少なくとも今までの功績としては、思考停止していたアメリカ人を危機感で煽り、"Make America Think Again"物を考えるようにさせた功績はあるのかもしれない。


Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。