2015年6月18日木曜日

2007 年のアルスエレクトロニカ

先日、同僚とアルスエレクトロニカの話をしていて、2007 年のアルス出展のことを思い出していました。今考えてもクレイジーで面白かったので改めてブログに書いておこうと思います。

ちなみに当時の Joi のブログ。
Ars Electronica 2007

2007 年は、ちょうどアルスエレクトロニカセンターが改装中で、リンツの街中のゴーストタウンをジャックして、イベント会場にしちゃったのです。

まず、準備段階で展示会場の見取り図や情報を入手しようとするも、回答は「あなた達の展示場所はアフロショップです」と。アフロショップって何やねん。

我々が展示した MOGA は、稲蔭正彦先生の SFC チームと中野裕之監督の Peacedelic チームと Joi Lab (Joi と私)の合同プロジェクト。一抹の不安を抱きつつ、日本からオーストリアのリンツに飛んで、いざ展示予定場所に行ったら、電気も何もない廃屋が待っていたのでした。。。屋根と壁だけはあります。ゴーストタウンってこういうことか!面白すぎる。

降りしきる雨の中、機材を運び込みます。

雨の中に荷物が!

ミイラみたいですが、機材です。

mummyのような荷物

展示にはパソコンもプロジェクターも必要なので、まずは発電機を調達。ちなみに雨も降ってて寒いのですが、エアコンとかもないので頑張る。天気が悪く電気もなかったので暗闇の中で準備作業。

power generator

窓から入る日光の光量の変化のせいで画像認識が不安定になってしまうため、暗幕とライトを調達。

setting up

何もない廃墟でインスタレーションを作っていくというのは、なかなかできない体験です :)

setting up

画像を認識し始めた。

人を認識開始

調整調整。

バックオフィス

MOGA は、ユーザーがカメラの前にボールを持って立つと、その人の重心とボールの位置を検知し、それと類似した他の人の画像をどんどん出していくというもので、いわば「自分ではなく他の人を映し出す鏡」です。この年のアルスのテーマは Goodbye Privacy だったので、それにちなんだ作品になっています。

badge

動画も残ってた。



2007 年といえば、World of Warcraft や Second Life の全盛期。こういう作品もありました :)

fumi

元ネタは WoW です。変な画像しか残ってなかったけどw

wowxmas3

ちなみに下の写真の背景に写っている服は何かというと、Second Life の中で服を作るとその服を実際に作ってくれるという作品。

fumi

廃墟になっていた床屋さんも、Second Life の中で作った髪型の通りに切ってくれる床屋さんに改造。

barber

電話ボックスも Second Life のインスタレーションに。

電話ボックスもsecond lifeのinstallationに

街中がトンカントンカンしてます。基本、廃墟のエリアなのでやりたい放題ですw

marienstrasse

ちなみに 2008 年のアルスエレクトロニカは普通の会場に戻ってました。なので、写真を見返しても普通のカンファレンスで、平和に講演やインスタレーションを見に行ったりしてます :)

Joi

小太郎

reactable

ひとつ思い出したのが、2008 年はニコニコ動画が受賞してたのに、展示がこれ。

Nico Nico Douga

こんな文字のパネルでニコニコ動画の何がわかるんだとちゃぶ台ひっくり返して、ニコニコ動画についてのデモを突っ込んだ時の写真が出てきましたw

初音ミク説明中。

初音ミク説明中

エクセルでひぐらし紹介中。やっぱ実物を見せないとわかんないですよね。

エクセルでひぐらしOP



一人情熱大陸紹介中。

一人情熱大陸紹介中



Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。