2014年6月30日月曜日

The design sprint: from Google Ventures to Google X #io14

Google I/O では、Google がリリースする新しいプロダクトの情報についてのセッションがたくさん行われますが、それと同時に Google の中での働き方やプロダクトデザインのやり方などについてもセッションやワークショップ、そしてデザインスプリントなどが行われています。

The design sprint: from Google Ventures to Google X 
。。。というセッションもその一つ。

セッション概要:
The design sprint is a process for prototyping and testing any product in 5 days. Using real-world examples, we’ll show how to move faster and increase the overall effectiveness (and happiness!) of your whole team. And we'll offer techniques for teams of any size, from two-person startup to giant enterprise.

Google Ventures は色々なスタートアップに投資し、そしてそれらのポートフォリオカンパニーにアドバイスをしたりサポートをしたりしているし、Google X は Google Glass や Driverless car のような最先端のプロダクトを作っているので、そうしたチームでどのようにプロダクトをデザインしているのかについて聞けるのは貴重な機会だと思います。 Driverless car のようにテクノロジーも社会情勢もどんどん変わってしまうプロダクトを作る時、どのようにデザインし、チーム内のビジョンを共有するのか。デザインスプリントは2チームに分けて、2年後と4年後をデザインし、それを共有しながら開発したそうです。

というわけで、講演の動画は下記:



時間のプレッシャーを作る。「まだプロダクトができてもいない時にユーザースタディの日程を決めてしまう」とか。


必要な人には必ず参加してもらうこと。「あの人がいないからここは決められないなー」なんてことがないように。デザイナー、CEO、プロダクトマネージャ、ユーザーエキスパートはもちろん、エンジニアやマーケターなど様々な人に参加してもらうことが重要とのこと。


セッションを見てもっと知りたいと思った方は、下記のサイトや動画を見てみると良いと思います。

The product design sprint: a five-day recipe for startups | Google Ventures

CustomMade design sprint with Google Ventures Design Studio




一日目:Understand
二日目:Diverge
三日目:Decide
四日目:Prototype
五日目:Validate

Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。