2014年6月16日月曜日

Pomplamoose、Patreon、そして現代のアーチストの生き残り方

Pomplamoose と Patreon について、書いておこうと思います。

● Pomplamoose について

Pomplamoose は Jack Conte と Nataly Dawn の二人から成るデュオなんですが、この Jack さんというのがめちゃめちゃおもしろい人で、昨年 Garage に遊びにいらしてくださった時のメモをちょっと引っ張り出してきました。一年ぐらい前のメモなので記憶をたぐりよせながらですが。。。

なお、一番面白かったのは彼がミュージシャンになる前の話で、小屋みたいなところにこもって、宇宙船みたいなロボットみたいなのをずーっと作り続けていたらしく、超マニアックで高クオリティな物ができあがっていたが何のお金にもならなかった。で、彼は現代のアーチストが生きていくためのモデルについて色々な考察をしていくことになるわけですが、この時の写真が見つからないので今回は割愛します。

Jack は Nataly と Pomplamoose として Beyonce の "Single Ladies" というヒット曲のカバーを YouTube にアップ。



タイトルは"Single Ladies (Put A Ring On It) - Beyonce"。昔は観客のアテンションを得るにはレコード会社とか大資本の力を借りないと勝てなかった。今だったら YouTube にアップするときのタイトルの付け方やタグの付け方という無料のアセットを使って注目を集めることができる。(著者注:もちろん Beyonse だと思って見に来た人をがっかりさせないクオリティが必要ですが。。。)なお、この動画は 2009 年にアップされていて、1030万ビューを超えています。

次々とリリースしていく動画達。ページビューも上がっていく。

Lady Gaga Telephone のカバー。約900万PV。



Michael Jackson - Beat It のカバー。840万PV。



だけど、PV が上がったからといって収入がものすごく入るわけではない。広告収入は正直微々たるもので、月額 50 ドルぐらいだったそうです。

Pomplamoose の YouTube channel: http://www.youtube.com/user/PomplamooseMusic

● Smooth McGroove について

皆さんは Smooth McGroove さんをご存知でしょうか。彼も、アカペラですごく色々な動画を YouTube にアップしています。

スーパーマリオで有名になったので下記動画は見たことがある方も多いのでは。



Street Fighter 2 - Guile Theme Acapella はもうすぐ 600 万再生に到達しそう。



日本では「おっくせんまん」で有名な Mega Man 2 - Dr. Wily Stage Acapella。こちらも約 300 万再生。



Smooth McGroove さんの YouTube Channel

彼らは共に、数百万〜1千万の再生数を誇る人気動画クリエイターでありながら、いくら YouTube の動画広告で稼いでいるかというと、それで生活できるレベルではない。そこで、アーチスト同士で集まって動画広告でいくら稼げているのか共有しあって、今後アーチストたちがどうやって生きていったらいいのかを話しあったそうです。

デジタルコンテンツは無料であるべき、たくさんの人に見てもらうべき。鍵をかけてしまうのは正しくない。YouTube のようなたくさんの人に見てもらえるプラットフォームがあるのは素晴らしい。活用すべき。

だけど、アーチストがお金を稼げるようにする術というのを、もっとちゃんと作っていかなくちゃいけない。

そこで Jack 達が立ち上げたサービスが Patreon。

● Patreon について

http://www.patreon.com/

Patreon とは何かの解説動画


● Kickstarter との違い

Kickstarter は「物」に投資をするのだけれど、Patreon は「人」に投資するためのサービス。

映画を一回作りますとかいって大きな金額を集めるのが Kickstarter。そうではなくて、継続的に物を作り続けているクリエイターを長期間で支援していくためのサービスが Patreon。一回だけ 50 ドルください、というのではなくて、今後僕が新しい音楽を作ったら 1 ドルとか 2 ドルとか、少額でいいのでパトロンとして支援し続けてくださいという形態になっています。支援する金額は自分で決められるし、月額最大いくら、というように上限を決めることもできます。もちろんパトロンを降りることもできる。パトロンにどんなお礼をするのかは、アーチストがそれぞれ決めることができます。

● Jack の Patreon ページはこちら: http://www.patreon.com/jackconte
Jack の Patreon について解説している動画はこちら。



そして Jack 自身は一曲音楽を作る度に $5,323.05 が手に入ります。


「音楽自体は無料で誰でもダウンロードして聞けるようにしています。ただ、僕を少しでもサポートしたいと思った方は、僕と一緒に歩んでください。」というのがメッセージ。

有料化はしたくない。聞きたい人にはいつでも聞いて欲しい。だけど、コンテンツを見ている人たちももっとそのクリエイターがたくさんいいコンテンツを作れるように支援したがっている〜お金を払いたがっている。その仕組みが今まではなかった。だからこのサービス作った、と。

Jack の場合は1ドルのサポートでストリームにアクセスしたりコンサートの先行予約ができたりし、3ドルで1ドルのメリットに加えてオーディオ製作のチュートリアルへのアクセス、5ドルで3ドルのメリットに加えてオーディオ製作レッスン、10ドルで5ドルのメリットに加えて毎月 Jack と Google+ Hangout に参加でき、100ドルで上記全てに加えて Jack と一対一で電話やHangoutができ、音楽制作についてなどディスカッションできる。

前述の Smooth McGroove も Patreon に参加。

● Smooth の Patreon ページはこちら: http://www.patreon.com/smoothmcgroove
Smooth は一曲音楽を作る度に $2,473.48 が手に入ります。


音楽だけではありません。Zach Weinersmith さんは漫画を描く活動のパトロンを募集。

Zach の Patreon ページはこちら: http://www.patreon.com/ZachWeinersmith
Zach は継続的に漫画を作り続けており、月額 $8,411.88 が手に入ります。


Tom Merritt さんは毎日 "Daily Tech News Show" というポッドキャストを行い、YouTube にアップしています。

Tom の Patreon ページはこちら: http://www.patreon.com/acedtect
Tom の YouTube channel: http://www.youtube.com/channel/UC-vIANCum1yBw_4DeJImc0Q
Tom は毎月 $11,424.44 が手に入ります。



Pentatonix は人気バンドで、下記動画 Daft Punk は 7660万ビューを誇ります。



Pentatonix の Patreon ページはこちら: http://www.patreon.com/pentatonix
Pentatonix の YouTube channel: http://www.youtube.com/user/PTXofficial
Pentatonix はミュージックビデオをアップする度に $11,924.09 が手に入ります。


アカペラミュージシャンの Peter Hollens さんも Patreon に参加。(彼の動画はすべての音が声で作られています)

YouTube Channel: http://www.youtube.com/channel/UCgITW_70LNZFkNna7VsXbuQ

Shenandoah - Peter Hollens (A cappella) - Proceeds Benefit Cerebral Palsy



The Hobbit - Misty Mountains - Peter Hollens Acappella



Phantom of the Opera Medley - Peter Hollens feat. Evynne Hollens



Les Miserables Medley - Peter Hollens feat. Evynne Hollens



Peter Hollens さんの Patreon ページはこちら: http://www.patreon.com/peterhollens
Peter さんはミュージックビデオをアップする度に $4,180 が手に入ります。



ミュージシャンの Kina Grannis さんは自分への収入に加えて、Patreon で得た収入の15%を癌研究とがん患者への支援に使うような仕組みにしています。

Kina さんの Patreon ページはこちら:http://www.patreon.com/kinagrannis
Kina の さんのMusic Videoの数々。ストップモーションと組み合わせたりして面白い。
Valentine - Kina Grannis (Official Music Video)
In Your Arms - Kina Grannis (Official Music Video) Stop Motion Animation

もちろん Pomplamoose も Patreon に参加しています。

Pomplamoose の Patreon ページはこちら: http://www.patreon.com/pomplamoose
Pomplamoose はミュージックビデオをアップする度に $4,906.55 が手に入ります。


●ファンはアーチストが活躍できるのが嬉しい

「ファンはアーチストが活躍できるのが嬉しいんだ」「ファンは頭がいい。変なことをしても見抜かれる。」「ファンはアーチストが成長するのを見たいんだ。」と Jack は語っていました。

Patreon にはゴールを設定する機能がついており、いくらまで達成したらこういうことをやるということを表明することができるようになっています。

例えば前述の Peter Hollens さんは「2000ドル達成でプロのビデオチームを雇う」「3000ドル達成でスペシャル動画を作る」「4000ドル達成で皆さんの提案を元に子守唄のアルバムを作る」とゴールを設定し、達成しています。


「音楽会社が今までは音楽業界の鍵を握っていた。業界の鍵の秘密は制作ではなくプロモーションにあった。今はプロモーションには YouTube などが使える。ただ、YouTube は新しいオーディエンスを増やすにはよいが、マネタイゼーションでまだ問題がある」と Jake さんは語ります。「大事なのはエンゲージメント。広告を出すだけではダメ。E-mail のクリックスルーは低いし、バナー広告のクリックスルーも低い。Patreon では、登録者の数が問題なのではなく、エンゲージメントを大切にしている。」とJake さんは語っていました。

●メディア掲載

Patreon はたくさんのメディアにも取り上げられています。

NBC / Crowdfund Your Artistic Dreams
Wired / The Crowdfunding Upstart That’s Turning Freelancers Into Superstars
Bloomberg / YouTube Stars: The New Content Kings
Techcrunch / What Games Are: Patreonomics And "Supposed To Be"

特にこちらの記事によると:
Forbes / Patreon: A Fast-Growing Marketplace For Creators And Patrons Of The Arts
創業から一年もたたないうちに Patreon には 50,000 人のパトロンと 15,000 人のクリエイターが参加しており、クリエイターが他のクリエイターのパトロンになっているケースもあるそうです。100万ドルがクリエイターに資金が分配され、クリエイターによっては 10 万ドルを手にすることが出来た人もおり、毎日 150 人の新しいクリエイターが登録し続けているそうです。会社自体もベンチャーキャピタルやエンジェル投資によって 210 万ドルの資金を調達。

最後に、Pomplamoose  の曲をもうちょっとご紹介。

Angrybirds のテーマ



オズの魔法使い


Wake Me Up Before You Go-Go - Wham! - Pomplamoose cover

Pharrell

Mashup (Happy Get Lucky) - Pomplamoose



I Feel Good - James Brown - Pomplamoose



Disclaimer 

このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。