2014年6月29日日曜日

Google I/O CodeLab と Chrome Dev Editor について #io14

今年の Google I/O で新たに取り組んで非常に好評だったのがコードラボです。セッション(講演)は Google I/O の重要なコンテンツの一つですが、基本的には聞いたり質問をしたりするだけです。コードラボでは、実際にコードを自分で書いてみて学ぶことができます。

201406 Google I/O

また、詰まったらたくさんのチューター(全員 Google 社員)にいくらでも質問することができるため、学びの場としては非常にオススメです。

201406 Google I/O

コードラボのマテリアルはこちら。もちろん I/O 終了後もご利用いただけます。

http://io2014codelabs.appspot.com/static/index.html

Android: Add Actions to a Music App
Chrome Apps: Write a Mobile Game
Dart: Learn the Language, Libraries, and Tools
Go: Build a Backend on App Engine
Google Compute Engine: Compute the Cosmos
Google Wallet: Instantly Integrate Instant Buy
Play Game Services: Gamify Your App!
Polymer: Build a Google Maps App Using Web Components & No Code!
Polymer: Build a Material Design Mobile Web App with Paper Elements
Polymer: Build a Mobile Drive Client
Polymer: Build an Admin Console Using Dart
Web APIs: Share Images with WebRTC Data Channels



昨年まで、コードラボのタイムテーブルがセッションとは別にあって、2時間とか3時間とか拘束されつつやっていたのですが、今年はコードラボをやるためのステーションを用意し、自分で学びたいものを選んで好きな時間に好きなだけ学ぶことができるようにしたのも好評でした。

また、会場のコードラボステーションでは環境をすべて作ってあるので、環境構築の手間が不要なのも大きかったと思います。席に座ってすぐにコーディングにかかれるので一時間で3つのコードラボができましたなんていう方もおられました。

今回のカンファレンスバッジには NFC タグが埋め込んでありまして、コードラボの開始時にはそのカンファレンスのバッジをスキャンします。これは何がよいかというと、コードラボの途中で退席してセッションに行かなければいけない、あるいはランチに行きたいなんていうことが起きても、コードラボエリアに戻ってきて再度バッジをスキャンすれば退席した時点の環境に戻り、コーディングを再開することができます。

そしてもう一つ、今回のいくつかのコードラボで使われていたのが Chrome Dev Editor というウェブアプリやChrome Appを作れるツールなのですが、これも Google I/O でローンチしました。これで Chromebook でもアプリ開発ができます :)

インストールはこちらの Chrome Web Store から

ソースはこちらに公開されています。
github.com/dart-lang/chromedeveditor

この Chrome Dev Editor をどうやって作ったのかについてのセッションも行われたので、興味がある方は動画を見てみてください。

Google I/O 2014 - How we built Chrome Dev Editor with the Chrome platform

The Chrome Apps platform is familiar (it's the web stack you know and love) and powerful (filesystems, cross-platform, hardware APIs, and more). We challenged ourselves to use all capabilities of the platform to build a developer editor for multi-device apps. How did we do? You'll have to stop by to find out :) In this session, you'll learn how to use Chrome Apps, Polymer, Dart, JavaScript, and the modern web to deliver great cross-platform apps. Along the way, we'll show you how we built Chrome Dev Editor and teach you valuable lessons learned that you can use in your next app.



Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。