2014年2月16日日曜日

サンフランシスコのデリバリー事情

サンフランシスコはテッキーが集まるので、色々な会社がよくトライアルを行うため、世界ローンチ、あるいは全米ローンチに先駆けてサービスを使えたりします。特にデリバリーは物理的なサービスなので、サンフランシスコを含めた少ない範囲でのサービスが行われることも多い。あとは、サンフランシスコだけの超ローカルな地元サービスもあります。

今日もさっきちょうどこれがデリバリーされてきたところ。生鮮食品を買いに近所のスーパーに出かけて、ドライイーストを売っていないことがわかったのでオンラインで注文し、ついでに紅茶とクリームチーズ、そしてトマトの缶詰を追加してさくっと届いた。便利 :)

SF

例えば、安めの大規模食料品チェーン SafeWay。見てると車で来て食料品を大量購入する人がとても多い。ご家族向けな感じがひしひしする。この SafeWay の食料品をわざわざお店にいかなくても家まで届けてくれるのが SafeWay のデリバリーサービス。個人的には生鮮食品は自分で見て買いたいのだけれど、パスタとか缶詰とか中身がわかっている物は、オンラインでちょちょっと選んでデリバリーしてもらえば(車のない私なんかは特に)重い思いをしてあれこれ持って帰らなくても楽ちんです!しかもたしか初回は送料無料、折につけて送料無料スペシャルをやってくれたりするので、お金もたいしてかからない。



Google Shopping Express。今はサンフランシスコとサンノゼや一部のペニンシュラ周辺のみなのですが、こちらは色々なお店の商品をまたがって買ってきて届けてくれる。同日配達可能で、しかも 6 ヶ月送料無料。ありがたい。


提携企業は COSTCO、WHOLEFOODS、TARGET, Walgreens, L'Occitane, ToysRus, BabiesRus, REI, Dodocase, Staples, Blue Bottle Coffee, Photojojo, American Eagle Outfitters, Office Depot, Guitar Center, Nob Hill Foods, Google Play, Timbuk2 と多彩で、商品ラインアップは生鮮食品を除く食料品や飲み物、スナック菓子、ヘルスケア商品やスキンケア商品、おもちゃやアパレル、スポーツ用品、エレクトロニクスやオフィス用品など。生鮮食品がないので、野菜やお肉、お魚なんかは注文できません。パスタとかお米などの乾物系の食べ物はあります。


みんな大好き Amazon ですが、普通の Amazon には生鮮食品がない。そこで登場したのがAmazonfresh。現在ロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルのみでサービス提供されています。Prime Fresh Free Trial を使うと 30 日間 35 ドル以上なら同日無料配送で、トライアル期間を過ぎると年間 299 ドルの料金がかかり、Amazon Prime と Amazon Fresh Prime のメリットを全て享受できますという仕組み。(Amazon Prime は年間 79 ドル)


前のルームメイトが使っていたサービスが FarmboxSF


私は買い物は買い物できらいじゃないのですが、そのルームメイトは買い物に行く時間が惜しいと。もったいないと。FarmboxSF は、地元の農家と提携し、毎週一回野菜を農家から家まで届けてくれるというサービス。

お店だと、自分たちが何を買うかを決めるのですが、Farmbox では何が届くかは指定できない。ただし、最初の登録時に嫌いな野菜を指定することはできる。知らない野菜だと調理方法がわからないと困るので、レシピがe-mailで送られてくる。


金額は内容次第で色々なラインアップがあります。


前述した元ルームメイトは洗濯をする時間も乾かす時間も服をたたむ時間も惜しいと言って、家まで洗濯物を取りにきて、洗濯乾燥して畳んでデリバリーしてくれるサービスを使っていました。その名も SFwash


料金設定が面白くて、ビルのアクセスを与えてくれて定期的に使うなら$1.25 /ポンド(ミニマムチャージが $29.99)、ビルのアクセスを与えてくれるが定期的に使わないなら$1.30 /ポンド(ミニマムチャージが $32)、ビルのアクセスを与えてくれない場合は$1.40 /ポンド(ミニマムチャージが $35)でお年寄りの場合は$1.10 /ポンド(ミニマムチャージが $26.99)と割安。多分サービスを始めた当初にビルに入れなくて時間のロスとか色々なことがあってこういう料金設定になったんだろうなあと考えると興味深い。

Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。