2014年1月30日木曜日

日本の料理人の皆さんはアメリカに来たらいいんじゃないかな!

アメリカに引っ越してきて、何が一番恋しいってやっぱり和食かなと。もちろん自分で料理する時は和食なのですが、平日は会社で食べているので毎日毎食和食を食べていた頃が懐かしい。

和食は世界中でブームで、アメリカでもフランスのパリでも南米に行ってもインドネシアに行っても、日本料理やさんはどんどん増えています。

ただし、問題が2つあります。

一つはまがいもの和食問題。日本料理やさんは人気が高く、かつ単価を高く設定することができる。よって、日本人以外のアジア人が経営する日本料理やさんがとても増えています。中華料理だったところがどんどん日本料理に変わっている。料理人は同じだったりするので、焼き鳥にチーズが乗っていたり、お寿司が丸ごと揚げてあったり、ご飯が完全に中華のチャーハンだったり、日本料理じゃない料理が日本料理として提供されています。メキシコのお寿司屋さんは入りませんでした。メキシコのお寿司は、デフォルトでクリームチーズが入っていると現地の日本人の方に伺いまして。。。orz

「和食」「日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産に登録されたのに、間違った日本料理が世界中で広がっていくのは非常に残念。。。やはり日本人の手で、正しい日本料理を広めてほしいものです。

もう一つは、基本的にとても高いということ。日本の倍ぐらいする。クオリティが高くて金額も高いのなら全然いいのですが、クオリティがイマイチだけど金額だけ高いところとかもあったりします。。。

せっかく単価が高くとれるのだから、やはり日本人のスキルの高い料理人の人に美味しい日本料理を作ってもらって、彼らにちゃんとお金が回ってほしいものです。

ちなみに先日ニューヨークに行きまして、午前中ボストンから移動してきて、空腹に耐えかねて午後2時ぐらいにレストランに駆け込んだのですが、Yelp で調べたところ一番近くてレーティングが高い日本食レストランが「Ootoya」というところ。値段は高めっぽいけど★4つ。これは期待できる。

着いてみたら、なんと大戸屋でした(@@)

New york

なんかおしゃれな感じです!でも大戸屋です。

New york

ミニ海鮮丼とうどんのセットをオーダー。茶碗蒸しもついてきました。

New york

New york

美味しい!美味しいんだけど、大戸屋のミニ海鮮丼うどんセットが 3,000 円オーバー。。。メニューに掲載される金額は 26 ドルなんですが、これに税金がのって、更に 15-20 % ぐらいのチップをのせないといけないので、確実に 30 ドルはオーバーします。にゃにゃーん。

大戸屋のアメリカのサイト。

http://ootoya.us/index.html

こちらがランチメニュー。しまほっけ定食 20 ドル。牛の塩麹定食 23 ドル。海鮮丼 30 ドル。

こちらがディナーメニュー。豚ロースカツセット 19 ドル。和風特製デミグラスソースハンバーグセット 22 ドル。豚とたっぷり野菜の蒸し鍋 20 ドル。

どれも美味しそう!そして大戸屋でこの値段をつけて★4つが取れるのだから、やはり日本食は美味しければ高くてもみんな喜ぶってことですねえ。

ちなみに日本の大戸屋のメニューがこちら。特選大戸屋ランチセットで 620 円、単品 448  円。安!!アメリカで5ドルの食事ってファーストフードでもあんまりないですよ。四元豚と たっぷり野菜の 蒸し鍋定食 791 円、しまほっけの 炭火焼き定食 829 円。。。これらは NY で 2,000円だったやつですね。ミニまぐろ丼と 温うどんセット 781 円。やばい。日本。安い。。。

日本の料理人の皆さん、もっと海外に進出してみませんか?正しくて美味しくてヘルシーな日本料理を伝え、広め、そして単価は高くても喜ばれる料理を提供し、正当に稼いでください。ぜひサンフランシスコにも日本人が経営する、美味しい日本食レストランがもっともっと増えてほしいと思います :D

6/8 追記:
朝日新聞記事「やよい軒、シドニーに出店 サバの塩焼き定食2500円

定食店「やよい軒」を展開するプレナス(福岡市)は5日、豪州の1号店をシドニーにオープンした。店名は「YAYOI」とし、店内は木目調の落ち着いた雰囲気。定食メニューの価格を2千~3千円台に設定し、高級路線で和食を売り込む。 国内の店では600~800円前後の定食メニューが多いが、豪州ではサバの塩焼き定食が26豪ドル(約2500円)、専用メニューの「やよい御膳」は39豪ドル(約3700円)と高め。日本のコメを使い、夕食時は各テーブルに置く小型の釜でご飯を炊く。茶わん蒸しなど副菜も充実させた。 「和食の魅力とともに日本の文化も伝えたい」(広報)と店内にギャラリースペースを設け、熊本県の窯元でつくられた器を展示している。 やよい軒はタイに119店、シンガポールに4店を展開し、豪州は3カ国目の海外進出となる。今後3年間に豪州で10店ほどの出店をめざす。

Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。