2013年11月3日日曜日

FreeBSD 20周年記念!

FreeBSD 20 周年記念のパーティに行ってきました。20 周年ってすごいですよね。オギャアと産まれた赤ちゃんが成人するまでの 20 年相当、成長し続けてきたオープンソース OS。

Untitled

FreeBSD とは、Unix 系のオープンソースのOSで、BSDの子孫の1つ。ロゴはこの真っ赤なツノツノ悪魔ちゃん。


というわけでこのパーティでは来場者みんなにこのツノツノが配られる。「んー、会場中が赤いツノツノ。いい眺めだねえ〜」と司会w

Untitled

私もつけた :)

Untitled

スピーチ。

Untitled

・FreeBSD の前身、BSD を始めたのは 1978 年。Bill がやったことで俺にできないことはなかった。だけど、奴が 1 年でやったことを俺がやったら 10 年かかっただろう。コードもひどいしメンテ不可能だし、だけど作って前に進んだ Bill はすごい奴だったんだ。

・4 回もリーダーシップが変わったのは FreeBDS と Apache ぐらい。これだけリーダーが変わってもプロジェクト自体は続いていけるというのが、FreeBSD のすごいところ。すごく優秀な人達が FreeBSD コミットし続けてきてくれたから今がある。Jordan が最初に作った頃は 1 メガバイトのフロッピーディスクに入っていた。テクノロジーは変わったけれど、人は変わっていない。いつの時代のカンファレンスに行っても、いつものみんながたいていいる。我々が作ってきたのはこの「コミュニティ」なんだってこと。そして次世代も続いてくれている。FreeBSD が出た頃はオムツをつけていたような若い人たちも入って来てくれている。

Untitled

・Netflix の Scott: 僕は 10 代の子供の頃から FreeBSD の恩恵を受けてきた。新しい何かが出てくるたびに「xx で FreeBSD はオワコン」って言われ続けてきたけど、20 年たっても Apple や Netflix などたくさんのサービスで FreeBDS が使われ続けている。今までの20 年もありがとう、そしてこれからの 20 年も!

List of products based on FreeBSDPS4 の OS も FreeBSD だし。

会場に置いてあった FreeBSD の人形。

Untitled

足元をよく見てみるとバースデーケーキのプレートが。

Untitled

これは。。。まさか。。。ケーキ。。。。
ケーキだった。。。巨大な。。。

会場に置いてあった FreeBSD の人形 ケーキ。

Untitled

どれだけ大きいかはこちらで。

Untitled

バンド演奏が始まるということでステージのセッティング。なぜかアニマル風船がたくさん並べられる。ファンシーなバンドなのかな?

Untitled

そして始まるバンド演奏。。。合ってない!アニマル風船が全然合ってないハードなバンドだったwwww



頂いた 20 周年記念 Tシャツ。ウチの会社もスポンサーしてます :D

Untitled

Untitled

抽選会の書籍プレゼントも当たった!Arduino 本もあったので選んでみた。

Untitled

いつも行くようなアプリ開発系のイベントとは来る人も違うし年齢層も違うし、だけどすごくみんな welcoming でファミリーな感じのコミュニティで、みんなお互いを知っているし、私みたいに初めての人でも声をかけてきてくれるし、奥さんとかも連れてきてて、エンジニア同士でバーっとしゃべりつつ「あ、こちら僕の奥さんで。。。。」みたいな紹介が入りつつ。FreeBSD を育ててきたお父さん・お母さんたちがここにいる。という感じのパーティであったかかったです。

おまけ:

アメリカ人が考える FreeBSD ガール ソース



日本人が考える FreeBSD ガール ソース


ぐぬぬ FreeBSD まで。。。ソース