2013年1月27日日曜日

はっぴを作った話

アメリカの同僚からこういうロゴを渡されて、「このロゴでTシャツを作るので、よかったら使ってねー」と言われ、じっと考える。

はっぴ

これ、はっぴにした方がかわいくない?というわけで作っちゃいました。

はっぴ

はっぴ

胸にはやっぱり家紋っぽい何かを入れたいなと思って Google Developers の丸いバッジをつけました。襟には「Google Developers」を和風フォントで入れてみました。

はっぴ

はっぴ

後ろにどどんと例のロゴデザイン。

はっぴ

腰には入れ子でデザインをしたいなと思って、四角いバッジを入れてみました。

はっぴ

はっぴ

なお、被災地復興支援のため、製作は仙台市若林区南染師町の永勘染工場さん(なんと創業120年の老舗!)にお願いしました。ありがとうございました!

永勘染工場さんは2年ほど前に耐震工事で柱や壁などを補強していたため、工場に震災の被害が少なかったため、震災後1週間ほどで作業ができるようになったそうです。ただ、若林区の近隣の被害は大きかったようです。

永勘染工場 伊達染師の心意気を現代に

そして復興支援のためのチャリティ前掛けの活動をされています。下記は復興支援メディア隊の取材動画。



染め製品の製作過程の動画



「ふみさん、これデザイン料いくらかかったんですか?」と聞かれたのですが、自力なのでデザイン料ゼロです。これもひとえに製作してくださった永勘染工場の永野さんのおかげです。電話と、メールと、時には手書きで書いてメール添付で意図を伝えたりして、共同作業で完成しました。 m(__)mありがとうございました!

Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。