2012年11月12日月曜日

WTC / Ground Zero と 911 のキオク

日本では、どうやって東日本大震災の風化を止められるか、どうやって記憶を残していけるのかに注目が集まっています。では、ニューヨークの市民は 911 をどうやって記憶しているのでしょう。

World Trade Center の近くを歩いていたら、教会があったので入ってみました。

New York

この教会 St. Paul's Chapel は、WTC から非常に近いにも関わらず、奇跡的に窓一つ壊れることなく無事だったため、911 の時に救助に当たる人達の拠点になっていたそうです。

911当日の様子。Chapelの墓地は飛んできた瓦礫だらけですが、教会自体は無事なことがわかります。
救助活動の様子

New York

New York

New York

当時の、様々な物が飾られています。

New York

救助にあたった方々の品々。

New York

New York

New York

ボランティア活動の記録。

New York

New York

New York

たくさんの写真、バッジ。

New York

New York

New York

日本からの千羽鶴。

New York

New York

New York

New York

外に出る。

New York

教会の墓地からは WTC の跡地・再建する WTC の工事現場が見えます。

New York

New York

New York

New York

もう911 から 10 年たっているけれど、この教会を訪れる全ての人は、誰も 911 のことを忘れないでしょう。この地に住み、この教会に通っている人達が、忘れることもないでしょう。そして、毎日建設が進められる WTC。

New York

New York

New York

New York

New York

New York

New York

New York

3,000 人が WTC 再建のために工事現場で働いているそうです。

New York

WTC の2つのビルのうちの一つは、104階建ての半分を超えているとのこと。

New York

この、再建の途中途中の経過をオープンにして、伝えていくということはとても重要で、この見せ方はとても recovery.gov っぽいなあと思ってたらやはりそういうことらしい。

New York

この WTCProgress.com は、今はアクセスするとここにリダイレクトされるようです。

WTC 再建工事現場のライブカメラもあり、利用者が動かすことができます。

http://www.911memorial.org/webcam

もちろん現場は警官だらけ。NYPD (New York Police Department)の火の見櫓も、いくつも建てられています。

New York

New York

監視カメラの数もハンパない。

New York

New York

さて、その再建中の WTC の麓に、911 Memorial があります。訪問は無料ですが、予約が必要です。(私が行った8月にはオンライン予約が可能でしたが、2012年11月11日現在はハリケーン Sandy の影響で予約ができないようです)



せっかくなので予約をして、訪問してきました。セキュリティや撮影禁止エリア以外を紹介していきます。

New York

911 前、911 当時、そして再建と 911 の記憶を残すこと。

New York

監視カメラだらけ。

New York

工事現場の横を通る。

New York

New York

New York

Ground Zero には North Pool と South Pool という2つのプールがあり、それぞれの枠には 911 の犠牲者の名前が刻まれています。

New York

New York

New York

New York

New York

New York

New York

New York

それぞれどの事件の被害者だったのか(飛行機に乗っていたのか、WTCの被害者か、ペンタゴンの被害者か、災害救助で命を落とした人なのか等)が説明されています。

New York


New York

New York

New York

New York

記念館 September 11 Memorial Museum はまだ建設途中でした。

New York

New York

この木は "Survivor Tree" と呼ばれる木。

New York

New York

1970年代に WTC Plaza に植えられ、8フィートの切り株として生き残ったのを別の公園に移植して30フィートまで育て直し、2010年に WTC に戻ってきた「生存者」。Bloomberg 市長はこの木は endurance や resilience、hope for the brighter future 〜我慢や持続力、回復力と「明るい未来への希望」を象徴する、と語ったそうです。陸前高田の「奇跡の一本松」を思い出しました。



allowscriptaccess="always" allownetworking="all" allowfullscreen="true" src="http://cdn.abclocal.go.com/static/flash/embeddedPlayer/swf/otvEmLoader.swf?version=fw1000&station=wabc&section=&mediaId=7858906&parentId=7857410&cdnRoot=http://cdn.abclocal.go.com&webRoot=http://abclocal.go.com&configPath=/util/&site=">

Ground Zero の外に出ると、9/11 Memorial Preview Site があり、色々な物が展示されていました。

New York

New York

New York

New York

New York

なお、9/11 Memorial のサイトや現場など、色々なところに募金の募集が。


また、サイトには子どもたちに 911 について語り伝え、教えるための教材も用意されています。

年齢別のレッスンプラン
訪問前の予習用教材(pdf)
子どもたちに 911 について語るときの注意点(pdf)
webcast
リソー

Webcastには、記憶、911 Memorial と Museum について、9/11 とその後についてのほか、「中東の歴史とセキュリティ」という章もあります。いわく、「9/11のテロリストがなぜこうした行為を行うに至ったのかを理解するためには、彼らの信仰、政治、文化の他、それらを取り囲むもっと大きなコンテクストで理解する必要があります。」とし、様々なエキスパートへのインタビューを通じてそれらを子どもたちに理解させようとしています。

インタビュー相手はワシントン・ポストの前海外特派員 David Ottaway、ワシントン D.C.のU.S. Institute for Peaceのアフガニスタンの未来プロジェクトのディレクターでアフガン政権の前法的アドバイザー J. Alexander Their、タフツ大学の Vali Nasr 教授、パリのGraduate School of Social Sciences の Nilüfer Göle 教授、ハーバード大学の Hassan Abbas 教授、Norwegian Defense Research Institute のシニアリサーチフェローで "Jihad in Saudi Arabia: Violence and Pan-Islamism since 1979" の著者でもある Thomas Hegghamer、ヨルダンの王子 Prince El Hassan bin Talal、Duke 大学のBruce Lawrence 教授は "Messages to the World: The Statements of Osama Bin Laden" の編集者でもあり、New Yorker のライター Lawrence Wright は、ピューリッツァー賞を受賞した "The Looming Tower: Al Qaeda and the Road to 9/11"の著者でもあり、Bernard Haykel はプリンストン大学で中東の研究をしている教授、そして West Point CTC というアカデミックセンターでのインタビューなど、数々の動画がアップされています。動画は embed することもできるので、色々なところに貼り付けることができます。例えば下記は Prince El Hassan bin Talal とのインタビューの一本目。



更に、動画だけではなく、各動画に補助マテリアルもつけられている。例えばこの王子の動画にはこの補助マテリアルがつけられている。さすがだ。。。と思いました。

そうそう、この動画ページ。Facebook いいね、Tweet と Google+ の +1 ボタンのほか、Pinterest のボタンもついてます。




Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。