2012年10月8日月曜日

写真を撮ってみた

一眼レフが重いので、持ち歩かなくなり、写真を全然取らなくなったのだけれど、コンパクトカメラを新しく買ったので、Joe の送別会に行った時に、写真を撮ってみた。

レストランがオシャレだったのだけれど、なかなかオシャレに写らない。

恵比寿

むう。。。アップにしてみよう。

恵比寿恵比寿

。。。と、同僚のYさんがアドバイスをくださった。ここからどんどん写真がよくなっていくので、その過程を追ってみましょう。まずはホワイトバランスを変えてみる。

恵比寿

下から撮ってみる。

恵比寿

斜めにしてみる。これはイイ!!いいんでないですか?

恵比寿恵比寿

ランプとグラスを発見。オサレアイテムじゃないですか。

恵比寿

アップにしてみる。

恵比寿恵比寿

机の足とか入れてみる。食べ残しが入っちゃうとイマイチですねえ。

恵比寿

グラスはどうやったら素敵に撮れるんだろう。

恵比寿恵比寿恵比寿

あれ、グラスに人が入ってるみたいで面白くない?

恵比寿

ボケずに撮れないかな。

恵比寿

キター!今日のベストショット。(モデルの方からは匿名ならブログに掲載OKとの承諾を頂いております)

恵比寿

というわけで、写真のアドバイスをたくさんくださったYさん、ありがとうございました!

さて、帰り道も歩きながら撮り続ける。練習あるのみ!一人フォトウォーク。

恵比寿恵比寿恵比寿

東京の街は面白いねえ。

恵比寿恵比寿恵比寿恵比寿恵比寿


。。。というブログ記事を篠山紀信さんの『現代を写す表現"写真力"とは何か』という六本木アートカレッジの講座を聞きながら書いてみました。

ちなみに「うまく写真を撮れるようになるには?」という質問に対して、篠山紀信さんいわく「はっと感じたら、ぐっと寄って、バチバチ撮る」

ただ、同じ物を見ても、はっと感じる人と感じない人がいる。どうすれば感じられるようになるか。篠山さんいわく「いい物を食べて、いい物を見て、いい女と付き合う。いい時間を過ごす。感性を磨く。そうすると、物を見た時にはっと感じるようになるよ」

頑張ります。

Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。