2012年7月30日月曜日

Python Developers Festa に参加しました #pyfes

Python Developers Festa に参加してきました。

IMG_20120728_142134


10時から15時までは、コードラボ。Sphinx、Mercurial、Python 初級、Python テスト、Python それ以外のチームに別れて作業をします。私はもちろんPython 初級に行きました。基本的にすべて自習なので、自分のペースでやっていく形になります。

「Python Developers Festa 2012.07 ハンズオン 初級」のハンズオンマテリアルはこちら

課題が 3 つ。

1.Socket モジュールのドキュメントを参考に、Socket モジュールを使ってサーバを立て、クライアントから送った数値を足し算して結果を返す
2.sqlite3 モジュールを使って、引数で与えられた品名と金額をデータベースに保存し、データベースの内容を一覧表示。
3.csv モジュールを使って csv ファイルの読み込みとデータ集計

私はどれも終わらなかったのですが、コードをアップされている方がおられたので、こちらもご参考に。

テストのハンズオンのマテリアル
Mercurial ハンズオンのマテリアル

もう一つ。以前の Pyfes の初心者向けの課題、「feedparserモジュールでTwitter検索結果のAtomフィードを取得してみるというのをやってみることにしました。

1. Feedparser をインストールしてみる。(Easy Install SetupToolが入っていないとエラーが出るので、それも入れる)

2. Feedparserがどういうものかわからないので、こちらのブログを参考に自分のブログのタイトルとリンクを抜き出してみる。

#coding: utf-8
import feedparser
rssurl="http://feeds.feedburner.com/FumisTravelblog?format=xml"
fdp = feedparser.parse(rssurl)
for entry in fdp['entries']:
    title = entry['title']
    link = entry['link']
    print "title:", title
    print "link: ", link

おー、ちゃんとブログのタイトルとURLが返って来た!



3. 更にこちらのブログを参考に Twitter 検索をやってみる。

#coding: utf-8
import feedparser
import urllib
def search(word):
    word = urllib.quote(word)
    base_url = 'http://search.twitter.com/search.atom' \
                            + '?lang=ja&locale=ja&rpp=10&q='
    f = feedparser.parse(base_url + word)
    for e in f.entries:
        print e.authors[0].name, ': ', e.title
search('#pyfes')

#Pyfesの Twitter 検索結果が返って来ました。




コードラボ終了後は、セッション。講演やライトニングトークなどが、非常〜にバラエティ豊かな感じで繰り広げられました。

既にブログにスライドとか全部まとめている方がおられたので、こちらを御覧ください。

Togetter まとめはこちら。

Python Developers Festa 2012.07 #PyFes 〜開始まで - Togetter
Python Developers Festa 2012.07 #PyFes 〜 ハンズオン - Togetter
Python Developers Festa 2012.07 #PyFes 〜 LT part.1 - Togetter
Python Developers Festa 2012.07 #PyFes 〜 LT part.2 - Togetter
Python Developers Festa 2012.07 #PyFes 〜 LT part.3 - Togetter
Python Developers Festa 2012.07 #PyFes 〜 終了後 - Togetter

おまけ:いろいろなステッカーを頂きました♪

IMG_20120728_100945

なお、9 月 15 日〜 17 日に開催される PyCon JP 2012 と App Engine Conference 2012 は Google  がスポンサーしているので、興味がある方はぜひご参加ください :)

Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。