2012年4月24日火曜日

JAXA の中の人はもっとみんなにデータを使ってもらいたいと思っているそうです。 #spaceapps_tokyo

先日開催した International Space Apps Challenge にて、JAXAの皆さんにお話を伺う機会を得られました。そんな中、「JAXA のデータをもっと皆さんに使ってもらいたいと思っていたんです」との発言が。

そんな、まさか。JAXA さんはデータやコンテンツの著作権を固く守り、なるべく人々に使ってほしくないんだと思っていました。Σ(゚д゚lll)

なぜそう思うのかというと、ちょっとライセンスのところを見てみましょう。

=======================================================
NASAの場合:Using NASA Imagery and Linking to NASA Web Sites
=======================================================
NASA still images; audio files; video; and computer files used in the rendition of 3-dimensional models, such as texture maps and polygon data in any format, generally are not copyrighted. You may use NASA imagery, video, audio, and data files used for the rendition of 3-dimensional models for educational or informational purposes, including photo collections, textbooks, public exhibits, computer graphical simulations and Internet Web pages. 
This general permission extends to personal Web pages. This general permission does not extend to use of the NASA insignia logo (the blue "meatball" insignia), the retired NASA logotype (the red "worm" logo) and the NASA seal. These images may not be used by persons who are not NASA employees or on products (including Web pages) that are not NASA-sponsored. 
NASA should be acknowledged as the source of the material except in cases of advertising. See NASA Advertising Guidelines. 
If the NASA material is to be used for commercial purposes, especially including advertisements, it must not explicitly or implicitly convey NASA's endorsement of commercial goods or services. If a NASA image includes an identifiable person, using the image for commercial purposes may infringe that person's right of privacy or publicity, and permission should be obtained from the person. Any questions regarding application of any NASA image or emblem should be directed to:
NASA の写真、音声ファイル、動画や3Dモデル、ポリゴンデータ等はだいたい著作権を放棄してあり、皆さんに使って頂くことができます、というのが最初の一行に書いてある。(ただしこれは使っちゃダメよ、商用利用はだめよ。。。などの記述はもちろんありますが、基本的に使ってねというメッセージに見える。よって、みんな遠慮なくゴリゴリ使います。)

============================
JAXA の場合:素材のご使用条件
============================
JAXAデジタルアーカイブスに掲載されている全てのテキスト、図版、画像、音声、映像等は、特に明記されたものを除き、JAXAが著作権を有しており、著作権法及び国際条約により保護されています。ご利用になられる場合には、JAXAの定める下記の条件にしたがってください。
  1. 個人での利用、授業のような教育活動での利用については、ご自由にご利用いただけます。すなわち、学術研究・教育活動等の目的及び私的利用を目的とした範囲(例えば、学校その他の非営利の教育機関において授業の過程における利用又は個人的に若しくは家庭内その他これに準ずる限られた範囲内における利用を目的として、プリントアウトする行為またはハードディスク等に保存する行為等)での利用の場合は、著作権法上、JAXAの許可を得ずにご利用いただけます。
  2. 新聞、テレビ等のメディアが、JAXAの事業活動に関する報道を目的として利用する場合についても、JAXAの許可を得ずにご利用いただけます。
  3. 1、2以外の目的で利用される場合は、下の「素材提供サービス」から申請をお願いします。
  4. 宇宙飛行士など特定の人物に関するものは、個人のパブリシティ権・肖像権を守るため、個別にJAXAの事前承認がないかぎり自由にご利用いただくことはできません。
  5. JAXAロゴについては、宇宙航空研究開発機構の日本およびその他の国における登録商標のため、商標権者(JAXA)の事前承認がない限りご利用いただくことはできません。
  6. 商業目的、営利目的でのご利用の場合は、有償でのご提供になります。予めご了承ください。詳しくは、こちらをご覧ください。
。。。とこの先15項まで続きますが割愛。ハッカソンでの利用って「個人での利用」でも「教育活動」でも「新聞、テレビ等のメディア」でもないので、申請が必要になると。

申請はこういうフォーム



使用目的とか使用意図とか使用期間とか返却予定日とか(返却!?)色々ありますが、何より「申請素材」の項目。「素材番号」って言われても、ハッカソンではあれこれの素材をガリガリ使うので、どう書いたもんか頭を抱えてしまいます。あと、これで申請しても、申請後に届くという「オンライン申請仮登録完了のお知らせ」のメールを待ち、内容を確認し、「メール本文のURLをクリックして本登録」をして、 本登録後、「オンライン申請本登録完了のお知らせ」メールが届くので、内容を確認し、「素材サービス担当から、素材のご利用方法を確認させていただきます」を突破し、「その際、企画書、ご利用イメージ、参考資料等をいただくことがありますので、予めご了承ください」ってハッカソンではどんな企画になるか48時間で走りながら考えながら作っているので、色々な意味で完全に無理ぽ。。。

「これはきっと、JAXA さんの使わないでくれという遠回しなメッセージなんだよ。。。orz」と思っていたんですね。

(ちなみに上記は映像や写真の手続きで、各衛星の観測データの利用については更に複雑な条件、手続きが必要。窓口も手続きも条件も異なります。詳細を書くと長くなるので「JAXA観測・研究成果データベース」を見てクラクラしておいてください。ちなみに、データによって窓口が変わるだけでなく、同じデータでも、相手によって窓口も条件も変わります。例えば、地球観測衛星データですが、「GCOM-W1データ提供サービス 利用ユーザ」の窓口は「GCOM-W1データ提供サービスヘルプデスク」、「機関ユーザ・一般研究者・その他」は「地球観測センター オーダデスク」、「共同研究者及びPI 地球観測研究センター オーダデスク一般ユーザ(ALOS)」は「株式会社 パスコ ALOS利用推進グループ」または「 一般財団法人 リモート・センシング技術センター 利用推進部」そして「一般ユーザ(ALOS以外)・「だいち」防災利用実証実験係るユーザ」は「一般財団法人 リモート・センシング技術センター 利用推進部」へ。「地球観測センター オーダデスク」と「地球観測研究センター オーダデスク」が同じ物なのかは謎。。。ちなみにみんな大好き「はやぶさ」のデータはこちら、「イトカワ」の形状モデルはこちらかぐやの観測データはサイトごと死んでしまっている。。。しくしくしくしく)

それに対して、JAXA の方が「JAXA のデータ、使っていいんです。皆さん、もっと使ってください。」と仰って下さったのです。素晴らしすぎて、思わず動画も撮影してしまいました。ぜひ JAXA の「中の人」の声をお聞きください。



ハッカソンは研究の一環です!

というわけで宇宙好きな開発者の皆さん、JAXA デジタルアーカイブスに行って、今回の International Space App Challenge に限らず、どんどん JAXA さんのデータを使って、有益なアプリやサービスを開発すると、JAXA さんが喜んでくれます :D

高橋さん、ありがとうございました!

Disclaimer このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。