2012年2月23日木曜日

第5回 GTUG Girls 開催しました #gtuggirls


私が Google に入社し、 Developer relations の仕事を始めたのは一年半ぐらい前なのですが、最初に驚いたのはあまりの女性エンジニアの少なさ。Google Developer Day の講演者を決めるときも、あまりに男性ばかり。もう少し女性エンジニアを増やさないとまずいのではないかと考え、色々取り組みを始めました。

まずは女性のみのハッカソン Girls Only Hackathon/codelab Android/HTML5 を開催。その後、あんざいゆきさんが第二回 Girls Only Hackathon/codelab として Google App Engine のコードラボを開催して下さいました。

更にその後、HTML5 女子部を立ち上げようと、html5j の一條さんと一緒に Android 女子部の矢野りんさん・あんざいゆきさんに相談したら、どうせなら一緒に色々なテクノロジーが横断的に学べる GTUG Girls を作ったらどうかという話になり、4 人で GTUG Girls を設立したのが 2011 年 6 月なかば、と半年位前のこと。ちなみに世界の GTUG は全てロケーションベースなので、GTUG Girlsの設立は世界初です。

矢野さんが作ってくださった GTUG Girls のロゴが下記 :)


GTUG Girls では、講演だけ聞いてそのまま何もしない勉強会はやらず、「必ず手を動かして動くものを作って帰ろう」というポリシーをもっており、毎回色々なモノづくりをやってきました。

第一回は中村敦さんと小川信一さんを講師に、Google Apps Script のハンズオンを実施。 解説資料初心者用課題資料上級者用課題資料

第二回は山崎大助さんを講師に、HTML5 の Canvas を使ってブラウザでお絵かきをするハンズオンを実施。> サンプルコードスライド

第三回はショートセッションと懇親会という形で親睦を中心に開催。

第四回はあんざいゆきさんを講師に、Android のウィジェットを作るハンズオンを実施。> 環境構築用の資料ハンズオンの資料

そして昨日の第五回は Chrome API の API Expert である太田 昌吾さんを講師に、Chrome Extension を作るハンズオンを実施しました。> ハンズオンの資料

GTUG Girls の特徴の一つが「和みタイム」。多くの場合、イベントの最初に食べ物をつまみながらのおしゃべりタイムを設け、みんなが仲良くなってからコードラボを開始しています。知らない人同士のままでコーディングを始めるより、お互いがわからない時に教えあったりと協力しあいながら和やかにイベントが進められます。

GTUG Girls はみんながやりたいこと、学びたいことを実現する場」と位置づけていて、やりたいことがある人はみんなスタッフになり、運営を手伝うことになっているため、コミュニティを立ち上げてたった半年なのに、既にスタッフになってくださった方が17人もいます。「Androidのアプリづくりを学びたいからイベント企画します」とか「Chrome Extensionを作ってみたいからイベント開催するなら受付やります」とか、イベントの開催と、そのイベントで「動いたー!」という感動を、誰よりもスタッフのみんなが楽しみにしているような気がしています :)

また、毎回色々な会社さんのオフィスにお邪魔するのも GTUG Girls のお楽しみで、第一回はmixiさんのオフィス、第二回はニフティさんのオフィス、第三回はロフトワークさんのオフィス、第四回は Google のオフィス、そして今回はクックパッドさんのオフィスにお邪魔してきました。

というわけで第五回の GTUG Girls のイベントについて振り返っていきたいと思います。

準備のため、早めに会場入りしたら、広くて素敵なキッチンで、クックパッドの社員の皆さんが自らディナーの下ごしらえをしてくださっていました!すごい!ありがとうございます〜!!

GTUG Girls #5

更に本日の講師の太田さん(クックパッドにお勤めで、Google API Expert としても活躍して頂いています)が自らケーキのデコレーション中。なんとこのイベントのために、午前半休をとってケーキを焼いてくださっていたそうです。すごすぎる!

GTUG Girls #5

ケーキ作り + コードラボの資料の作成。キッチン + パソコン。クックパッドな風景。

GTUG Girls #5

今回のイベントは、チューター陣もとても豪華で、Google からは夷藤 勇人さんと北村英志さん、そして Chrome API の API Expert である吉川徹さんがいらしてくださいました。

GTUG Girls #5

さっそくイベント開始です。Chrome Extensionの解説をさくっとした後、すぐにモノづくりに入ります。

GTUG Girls #5

みんな真剣!

GTUG Girls #5

今回は、クックパッドさんのホームページの検索エンジンに音声検索の機能をつけちゃおうというコードラボ。いつもおなじみのこのサイトですが:


すごく簡単に、検索窓に音声検索がつけられちゃうんです。マイクのアイコンを押して、喋ってみると、音声検索ができてしまう。しかもこれが、コードを書いたことがない人でもたった 30 分で作れてしまう。Chrome Extension、すごい!


詳しくは太田さんの作られたスライドが公開されているので、「びっくり! 簡単! すぐできるChrome拡張ハンズオン」をご覧頂きたいのですが、簡単に。

ステップ1: manifest.jsonというファイルを作ります。記述内容は下記。
{
"name": "cookpad speech search",
"description": "クックパッドで音声検索できるようにします",
"version": "0.1",
"content_scripts": [
{
"matches": ["http://cookpad.com/*"],
"js": ["content_script.js"],
"run_at": "document_end"
}
]
}
ステップ2:content_script.jsというファイルを作ります。記述内容は下記。
var keyword = document.querySelector('#keyword');
keyword
.setAttribute('x-webkit-speech', '');

ステップ3:今作ったmanifest.jsonというファイルとcontent_script.jsというファイルを適当なフォルダに入れます。

ステップ4:Chromeで拡張機能のページを開いて、今作ったフォルダを読み込みます。

ステップ5: Cookpad.comのサイトに行ってみると。。。!?

こんなカンタンでいいのか、と思ってしまうくらい簡単にできてしまう Chrome Extension。しかも講師・チューター陣が手厚くサポート。単なる写経にならないように、書いているコードの内容の説明とか、デバッグの仕方とかも教えて下さいます。Chrome Extension、面白い。もっと色々作ってみたーい。

GTUG Girls #5

全員が「できた!動いた!すごい!」と感動したところで、クックパッドの社員の皆様のお手製のディナーを頂くことに。美味しそう!

GTUG Girls #5

特製チラシ寿司は、お刺身のほかにひき肉やアボカドなども入っているスペシャル版!

GTUG Girls #5

GTUG Girls #5

GTUG Girls #5

GTUG Girls #5

GTUG Girls #5

GTUG Girls #5

美味しい!さすがクックパッドさん。超おいしいです!!

そして出現したのがまさかのチョコレートファウンテン!

GTUG Girls #5

備品でチョコレートファウンテンがある会社がほかにありましょうか。

GTUG Girls #5

更には、太田さんお手製のケーキも頂いてしまいました。コードも書けて、わかりやすい講演もできて、ケーキも作れる太田さん。

GTUG Girls #5

「ケーキ入刀」とか「ファーストバイト」とか様々なイベントもありつつ。やばいです。めっちゃ楽しい。美味しい。

講師の太田さん、チューターの吉川さん、Hayatoさん、Eijiさん、スタッフの皆さん、特にいつもながら獅子奮迅の働きをしてくださる一條さん、そしてクックパッドの皆様、本当にありがとうございました!

Disclaimerこのブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。