2012年1月2日月曜日

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

2011年は、日本にとっても自分にとっても色々なことがありました。なかなかブログが書けていないこともありますので近況報告を兼ねて振り返っておきたいと思います。

振り返れば、3月11日の東日本震災の当日は、アメリカのオースティンで開催される South by South West (SXSW) というカンファレンスに行っていました。SXSWには、参加者としては以前も行っていたのですが、今回は初めてのパネリスト参加。そんな SXSW Interactive 開幕前夜に日本で東日本大震災が起き、恐怖にひきつりながらTwitterのタイムラインを眺め、流れてくる津波の YouTube 動画を見ながら無力感にむせび泣きました。当時活躍していた Google Person Finder ですが、APIのドキュメンテーションが翻訳されておらず、どうしようーと思っていたらエンジニアの花岡さんが翻訳してくださることになり、誰もいなくなった深夜の SXSW の会場で、一人泣きながら翻訳チェックをしてブログアップしたのが思い出されます。花岡さん、その節はありがとうございました。さて、SXSW ですが、今年も参加することになりそうです。SXSWはかなり特殊なカンファレンスですし日本人の参加者が今年は増えそうなので、機会があれば「SXSWの歩き方」的なブログ記事を書いておきたいなーと思っております。


3 月 17 日に帰国してからすぐに及川卓也さん はじめ、ネット業界有志の皆さんと一緒に Hack For Japan というコミュニティを立ち上げ、復興のためにテクノロジーで何が役に立てるのかを模索してきました。3月19-21日に第一回 Hack For Japan のアイディアソン・ハッカソンを京都で行い、4月上旬には仙台と岩手を訪問し、下旬に会津で Hack For Fukushima を開催、5月に東京で第二回 Hack For Japan を行い、7月23/24日には遠野・釜石・大槌を訪れ、「沿岸部の今」を実感し、被災地の方と共に考え実行する Hack For Japan in 遠野を開催。翌週の30日には東京で 第三回 Hack For Japan を開催。9月には遠野まごころねっと6ヶ月報告会に参加。10 月以降は本業の方で 11 月 1 日開催の Google Developer Day 2011 Japan (GDD) の主催をしていたため、そちらに集中しておりましたが、今年も、東北および日本の復興に向けて、何が貢献できるかを考え、取り組んでいきたいと思います。

Hack For Japan in 遠野

GDD 2011 Japan はおかげさまで大成功で終わりました。ご登壇、ご協力頂いた皆様、ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。また、GTUG Bootcamp や EXP Hackathon など前後のイベントも楽しい取り組みが満載でした :) その後テルアビブの GDD を手伝いに行き、イスラエルでたくさんの方にお会いして、色々なラーニングを得ることができました。そのへんもいずれまとめて書きたいと思います。GDD 2011 Japan のハイライト動画は下記。講演のスライド・動画・写真等はこちらからご覧いただけます。


GDDに先立ち、Android Developer LabTokyoSeoul も開催しました。韓国語は話せないし、韓国の開発者コミュニティの方を存じあげない状態での開催だったのでかなり不安でしたが、韓国の Googler や Android 開発者コミュニティの皆さんのおかげでイベントは成功。しかも同じイベントを複数箇所で主催することで、色々なところが見えてきた気がします。今年は日本の開発者のよいところを海外に伝え、海外でうまくいっているラーニングを日本にも持ってこれるとよいなあと思いました。

Google のイベントといえば、5月に初めて Google I/O に参加。スタッフだったので、会場を駆けまわったり特別イベントの運営を手伝ったり。(GTUG BarCampについてはブログを書いてました。)今年も Google I/O のスタッフとしてお手伝いすることになりましたので、よろしくお願いします :)

昨年は TEDx との関わりが色々ありました。まず、4月の TEDxEarthQuake9.0 では初めてスピーカーとして TEDx に参加。震災、Hack For Japanそして直前に行っていた仙台・岩手訪問についてのお話してきました。次に 5 月の TEDxTokyo は運営側での参加。例年に引き続き、Social media teamを担当していました。このときはテーマ毎に "HUMAN COEXISTENCE" "SOLUTIONS" "LIFE OF PURPOSE" "FORWARD THINKING"。。。とブログ記事を書いておりました。同じく 5 月の TEDxSilicon Valley には、オーディエンスとして参加しました。スピーカーでもスタッフでもなく、純粋にオーディエンスとしてTEDxに関わるのは初めてで、じっくり講演が聞けてよかったです ;) TEDxSV についてはメインで書きたかったブログをまだ書けてないことに気づいたので、これまたいずれ。。。書いてあるのは "日本のIT教育を考える"と"インターネットはあなたの子供"の2本。

TEDxTokyo

講演は Hack For Japan 関連を中心に、TEDxEarthQuake9.0、LinuxCon Open Forum や Nikkei BP主催の X-over Development Conference (XDev)、第7回ジオメディアサミット(LT)などでお話する機会を頂きました。また、Hack For Japan 以外だとSXSW のパネルは "Big in Japan" ということで日本のネット業界について、Glocomで開催された 「ネットの力、みんなのチカラ」ではオープンガバメント関連で「ワシントン DC 見聞録とチュニジアの話」、Chrome+HTML5 Conference では LT で 「HTML5 Rangers」についてなど。実は昨年末に肩書きが program manager から developer advocate にかわり、今年は更に講演をする機会が増えることになりそうですので、よろしくお願いします m(__)m

昨年は忙しくて執筆活動が殆どできなかったのですが、國領 二郎先生とプラットフォームデザイン・ラボの「創発経営のプラットフォーム―協働の情報基盤づくり」という書籍を少しだけお手伝いしています。(正しくは Google 入社前にお手伝いしていたコンテンツが一部この本に収録されているのでした。)非常に示唆に富む本なので、ぜひご一読頂ければと思います。

そうそう、昨年は初めて富士山に登りました。マチュピチュやらアレキパやらあちこち登ったにも関わらず、「えっ日本人なのに富士山登ったことないの??」と言われることしばしば。やっと登ることができ、ご来光を拝むこともできました。

富士山

2012年が素晴らしい一年になりますように。今年もどうぞよろしくお願いします。

Disclaimerこのブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。