2011年11月20日日曜日

UC Davis事件に見る現代の非暴力不服従

ご存知の方も多いと思いますが、先週の金曜日に University of California の Davis 校で学生達が "Occupy" の集会を行ったところ、抵抗せずに座っているだけの学生達に向けて警察がペッパースプレーを浴びせかけ、10人が連行されるという事件が起きました。

UC Davis Police Pepper-Spray Seated Students In Occupy Dispute

一部始終が動画になってアップされています。(これ以外もたくさんアップされています)



明らかに学生達に見せつけるために掲げられたスプレー缶。



座り込んでいる学生達にスプレーをかける。



数人が連行される。



悲鳴。始まる "Shame On You(恥を知れ)"コール。5 分程続くこの "恥を知れ" コールで警官達がたじたじになっていく。

コールは"Whose university?" "Our university"(ここは誰の大学?我々の大学だ!)に。そして銃を構え始める警察官。



それをひきとめようと服の端を握る警察官。


学生達は "Stay peace" "No violence" と注意し合う。暴力に暴力で対抗してはいけないとわかっている。

今や現場にいるみんなが証人で、半分ぐらいの人が携帯、スマートフォン、カメラ、タブレット、パソコン等で撮影をしている。



一触即発と思いきや、次に起きたコールは "You can go(去ってもいいよ)" これが絶妙。暴力に対して、我々はあなた達を追わない。だから武器を持って、去ってくれ。"You can go! You can go! You can go! You can go!"の連呼。そして去っていく警官達。



下手するともっと大きな事件に発展していたと思うのだけれど、この群衆コントロール能力はすごすぎる。

多くの記事は「アメリカで言論/集会の自由が規制されるなんて」「学生を逮捕するなんて」「非暴力の学生にペッパースプレーをかけるなんて」などの話が中心ですが、みんなが証人になって撮影しまくる光景、そして暴力に対して非暴力で追い返した学生達の現場コントロール能力が印象に残りました。この現場コントロール能力は多分警察より上だった。

ちなみにこのペッパースプレーをかけた警察官の名前はすぐに特定され、職場の電話の留守録はパンク。記事にもなっています。

これより前から撮影されている 15 分の動画では、"You use weapons! We use our voice!"コールが起きています。

たくさんの人が撮影していたので、あちこちのアングルから撮影された物から4つをピックアップしてマルチで見れるように編集しなおした動画も。



この事件を受けて、assistant professor(助教授?)が警察を呼んだ学長にオープンレターを書いています。一部抜粋。学生達には言論の自由があり、校内で抗議行動を行う権利を持つべきであり、それに対して警察を呼び暴力をふるうなどということはあってはならないと書かれ、辞任を求めています。

Open Letter to Chancellor Linda P.B. Katehi

I am writing to tell you in no uncertain terms that there must be space for protest on our campus. There must be space for political dissent on our campus. There must be space for civil disobedience on our campus. There must be space for students to assert their right to decide on the form of their protest, their dissent, and their civil disobedience—including the simple act of setting up tents in solidarity with other students who have done so. There must be space for protest and dissent, especially, when the object of protest and dissent is police brutality itself. You may not order police to forcefully disperse student protesters peacefully protesting police brutality. You may not do so. It is not an option available to you as the Chancellor of a UC campus. That is why I am calling for your immediate resignation.


そしてこちらはその学長に対する学生達の抗議。完全な無音で彼女が歩く道に座り込むのみ。無言の、非暴力不服従の抗議行動です。



追記:
BoingBoingのXeniがスプレーをかけられた学生にインタビューを行っています。
Interview with a pepper-sprayed UC Davis student

さて、このペッパースプレー事件、memeがたくさん作られてます。

Know your meme- Pepper Spray Cop / Casually Pepper Spray Everything Cop

Internet Memes: What are the best "Occupy Cop Casually Pepper Sprays" images?

Occupy Lulz

CNNでも取り上げられるほど。。。



Disclaimerこのブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。