2011年11月19日土曜日

Joe Biden on Internet Freedom

アメリカ副大統領Joe Biden氏がロンドンのサイバースペースカンファレンスに向けて送ったビデオメッセージの全文書き起こしを、ホワイトハウスのサイトで読めます。うちの国にもこういうことをちゃんと発言してくれる政治家がほしい。

Vice President Biden Delivers Remarks to The London Conference on Cyberspace


これを部分的に編集して SOPA に向けた動画に完璧に編集し直したのは Tech Dirt。GJだけどちょっとずるいよね。。。と思っていたら、やはり記事は取り下げられたもよう。ただし動画は残っていて、下記で見られます。こちらも取り下げられることを見越したのか、コピーを流通させ始めた人もいます。



一部抜粋&超約しておきます。
As you all know, nearly one-third of humankind is online today, something we would have never thought possible 20 years ago, more than 2 billion people and counting. The Internet has become the public space of the 21st century, a sphere of activity for all kinds of activities, open to all people of all backgrounds and all beliefs.

And as vibrant, as dynamic as the Internet already is what we’ve seen so far, I believe and we believe, is just an opening act. More than 5 billion people will connect to the Internet in the next 20 years -- 5 billion. And most of them will live in countries and regions that are now under-represented online. And the next generation of Internet users has the potential to transform cyberspace in ways we can only imagine. And cyberspace, in turn, has the potential to transform their lives, as well.
今や人類の1/3がネットを使っており、インターネットは21世紀のパブリックスペースとなっています。あらゆる背景、あらゆる信条を持ったあらゆる人々があらゆる活動にオープンに使える場がインターネットなのです。そしてこれはまだ始まりにすぎず、あと20年もすれば50億人もの人口がネットを使うことになるでしょう。そして次世代のネットユーザー達はサイバースペースを変え、そして生き方をどんどん変えていってしまう可能性を秘めています。
We know that it will take many years and patient and persistent engagement with people around the world to build a consensus around cyberspace, but there are no shortcuts because what citizens do online should not, as some have suggested, be decreed solely by groups of governments making decisions for them somewhere on high. No citizen of any country should be subject to a repressive global code when they send an email or post a comment to a news article. They should not be prevented from sharing their innovations with global consumers simply because they live across a national frontier. That's not how the Internet should ever work in our view -- not if we want it to remain the space where economic, political and social exchanges can flourish.
サイバースペースをめぐるコンセンサスを作るには時間がかかります。グローバルな抑圧的な規範などによってどこかの国民がメールを送ったりニュース記事にコメントを書くのを抑圧されるなんてことがあってはならないのです。イノベーションを起こした人が、世界中の消費者にそのイノベーションをシェアしようと思った時に国境によって阻まれるなどということがネット上で起きるなんてことがあってはいけません。インターネットはそういう風に作られた場ではないのです。ネットが経済/政治/社会的なやりとりが行われ、繁栄をもたらす場であり続けてほしいと思うなら、これを変えてはいけません。
Now, there are some who have a different view, as you all know. They seek an international legal instrument that would lead to exclusive government control over Internet resources, institutions and content and national barriers on the free flow of information online. But this, in our view, would lead to a fragmented Internet, one that does not connect people but divides them; a stagnant cyberspace, not an innovative one, and ultimately a less secure cyberspace with less trust among nations.
ご存知の通り、違う意見の人もいます。国際法を作って、インターネット上のリソース/組織やコンテンツを政府がコントロールすべきと考える人もいる。オンラインの情報の流れに国によるバリアをかけるべきと考える人々がいます。これは、インターネットを分断し、人々をつなぐべきネットが人々を分断することになると思います。停滞したサイバースペースを作り、イノベーションは生まれなくなるでしょう。国同士の信頼が失われ、サイバースペースから更に安全が失われることになるでしょう。
We have an expression in our country: If it ain’t broke, don't fix it. It would be misguided, in our view, to break with the system that has worked so well for so long.
アメリカにはこんな表現があります。「壊れてない物は直そうとするな」。こんなに長い間うまくいっているシステムを壊そうとするのは間違いだと思います。
Look, folks, again, no surprise, the United States -- and I suspect most of you, I hope -- stand against these acts and for Internet freedom. The rights of individuals to express their views and petition their leaders, practice their religion, assemble with their fellow citizens online we believe must be protected. These rights are universal whether they're exercised in the town square or on a Twitter stream. They're enshrined in the Universal Declaration of Human Rights, which applies to cyberspace just as surely as it does to every corner of every country on Earth.
アメリカはインターネットの自由を奪うような法律には反対を唱えます。個人が意見を表明し、指導者に訴え、宗教活動を行い、他の市民と集まるような権利は、街角であろうが Twitter のストリームの中であろうがユニバーサルに守られるべき権利です。世界人権宣言にも書かれている権利で、地球の全ての国の全ての街角で守られるごとく、サイバースペースでも守られるべき物です。
The digital marketplace of ideas that welcomes every blog and tweet is the same one that inspires the next generation of innovators to fuel our economies. And when businesses consider investing in a country with a poor record on Internet freedom, and they know that their website could be shut down suddenly, their transactions monitored, their staffs harassed, they’ll look for opportunities elsewhere.
インターネットはアイディアのデジタルマーケットプレイスであり、全てのブログ記事やツイートは次世代のイノベーターが我々の経済を活性化するための物として歓迎すべきなのです。企業は、この国にはインターネットの自由が乏しい、自社のウェブサイトが突然閉鎖に追い込まれるかもしれない、トランザクションを監視されるかもしれない、スタッフが迷惑を被るかもしれない。。。と考えたら、きっと他の国に可能性を見いだしにいってしまうでしょう。

Folks, as we look ahead, let’s remember what in the end we’re working to achieve. We’re here so that tomorrow when a village in India opens the doors of its first Internet café, a school in Kenya cuts a ribbon on its new computer lab, a teenager in Guatemala writes his first blog post, and a grandfather there in London writes his first email, they will be free to explore all the benefits of the Internet, and all the benefits it can bring, have their lives enriched and be part of enriching the lives of others. We’re working for 5 billion people who will join cyberspace in the years ahead so that they’ll be able to experience the open, free and secure Internet. For their sake and for ours, we’ve got to get this done.
我々は何を得ようとしているのか、よく考えましょう。インドの村で初めてインターネットカフェをオープンするとき、ケニヤの学校が初めてコンピュータラボを作るとき、グアテマラの子供が初めてブログ記事を書こうと思った時、そしてロンドンのおじいちゃんが初めて e-mailを書こうと思ったとき、彼らはみんなインターネットのメリットを享受し、自らの人生が改善されたり裕福になったりし、そして他の人の人生が改善されることを手伝うようになるのです。これからサイバースペースに参加してくる50億人の人々がオープンで、自由で安全なインターネットを経験することができるようにしなければいけません。

SOPA関連その他記事:

Urgent: Stop [U.S.] American censorship of the Internet

yomoyomoさんが日本語に翻訳しておられます。「緊急:アメリカ合衆国のインターネット検閲を止めろ

Facebook, Google join to fight Internet piracy legislation

Over 100 Lawyers, Law Professors & Practitioners Come Out Against SOPA

americancensorship.org
On 11/16, Congress holds hearings on the first American Internet censorship system.This bill can pass. If it does the Internet and free speech will never be the same.Join all of us on the 16th to stop this bill.

Yes, SOPA Breaks The Internet: By Breaking The Belief In Trust And Sharing That Is The Internet

"Stop the Internet Blacklist Legislation" and "What's On the Blacklist? Three Sites That SOPA Could Put at Risk" by EFF

Ars Technica
"The Stop Online Piracy Act: Big Content's full-on assault against the Safe Harbor"

Google's Schmidt blasts Internet copyright bills

Eric Schmidt Doubles Down On SOPA Bill, Describing It As “Censorship,” “Draconian”

How SOPA will attack the Internet's infrastructure and security

SOPA Will Have Grave Effects On The Health Of Hundreds Of Thousands Of Americans

Disclaimerこのブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。