2011年9月19日月曜日

Open Government Status Report が出ました。と gov2.0モロモロ

オバマ政権の "Open Government Status Report" が出されています。CIO だった Vivek Kundra が政権を去り、deputy CTO でオバマ政権の Open Government Initiative を率いていた Beth Noveck も政権を去り、大丈夫ですかな今。
Open Government Status Report
View more documents from White House



ところで最近はアメリカ以外の国々の Open Government / Gov2.0 がどんどん活発になっており、去年の Gov2.0 Conferenceのアジェンダを見ても "Open Government in Canada" "Gov 2.0 in Australia: From Open Data to Open Government" "Israel Gov 2.0: from Awareness to Implementation"そして "U.K. Innovations in Gov 2.0"と世界中で動き出しています。

ちなみにこの Gov2.0 Expo、今年は開催されないそうです。理由は「カンファレンスやってる暇があったらアクションしようぜ。Code for America とかさ」とのこと :)

「カンファレンスを行わない代わりに Alexander Howard のコラムを見てね」とのことなので、いくつかご紹介。

●こちらでもやはり海外の Open Government ネタがいくつか掲載されています。ケニヤ(Open government data to fuel Kenya's app economy) オーストラリア (Gov 2.0 Down Under: Australia and open government)カナダのブリティッシュコロンビア (A refresh for open government in British Columbia)などの事例。

●ホワイトハウスが IT DashboardTechStat Toolkit のコードををオープンソースで公開 (White House releases IT Dashboard as open source code)。色々な国/自治体での利用が進むことでしょう。

●eG8の話(At the eG8, 20th century ideas clashed with the 21st century economy)やGovernment shut downのとき、e-governmentはどうなるのか?(What happens to e-government if government shuts down?)など。

●あと、昨年末にホワイトハウスから出された25個のITreformの提案(White House proposes sweeping federal IT reforms)。Vivek Kundra がいなくなった後、アメリカでどうなるのかはあれですが、日本人は読んでおいた方がいいかなーと。
  1. Adopting lightweight technology and shared services
  2. Aligning budgets with technology cycles
  3. Strengthening program management
  4. Increasing governance, accountability
  5. increasing engagement with IT community


25 Point Implementation Plan to Reform Federal IT


●FCC が開催した Open Developer Day の話。 FCC が開発者向けに公開した API や dataset を使い、開発者達が集まって開発をするイベントです。日本で言えば、総務省 Open Developer Day とか 経産省 Hack Day とかになるわけですね♪ (Geeks and government converge at the FCC / Field Notes From the FCC's First-Ever Hack Day )そういえばニューヨーク市がハッカー達を集めて市のウェブサイトを改善してもらうというハッカソンをやったのも記憶に新しいです。(NYC hands keys to website to hackers from around the world during its first-ever hackathon)


●私が好きな Alexander のスライドの一枚。政府がオープン化する Open Government はもちろん重要だけれど、市民も政府の一員としてきちんと責任を持って政治に参加すべき We-government の意識をもつべきだし、e-government も推進していかないといけない、というもの。


●色々なジャンルでの Gov2.0 の話。NASAでのオープンソースの利用(Open source is mission critical for NASA)、FCC.govのリブート(FCC.gov reboots as an open government platform)、美術館/博物館データについて(Ignite Smithsonian examines the evolution of museums and culture)の話、ヘルスケアとGov2.0、そしてプライバシーと可能性をどう考えるか(A new challenge looks for a smarter algorithm to improve healthcare)、ファイナンシャルアドバイザーデータの公開(BrightScope liberates financial advisor data)などなど。

●日本では正にこれ、でしたがクライシスレスポンスとGov2.0。先日のハリケーンIreneの事例(Social, mapping and mobile data tell the story of Hurricane Irene)、ロサンゼルス消防署(Social media in a time of need)、Ushahidiの事例(Social data and geospatial mapping join the crisis response toolset)などがとりあげられており、日本の放射能測定のSafecastも(Citizen science, civic media and radiation data hint at what's to come)。

●世界銀行による open data の取り組み "Global Adaptation Index"(その国が気候変動にどれだけ対応できるか)の紹介。(Global Adaptation Index enables better data-driven decisions)




●Drupal話。Whitehouse.govも(WhiteHouse.gov Goes Drupal)、Energy.gov (Energy.gov to move to Drupal)も、House.gov (House.gov moves to Drupal)もDrupalに。


Disclaimerこのブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。