2011年8月9日火曜日

Google Developer Day のロゴの話

Google Japan 最大の開発者向けイベント Google Developer Day 2011 では、多くの開発者の皆さんと「一緒に作る」イベントを目指しており、色々な施策を行っています。

そのうちの一つが Open Call。Android と HTML5 というテーマとお題の設定は Google が行いますが、審査員は開発者の皆さんに行って頂いており、選ばれた開発者の皆さんが作られた作品が、各地の GDD の会場を彩ることになります :) "Open Callって何?コンテストって言った方がわかりやすくない?"という声もありましたが、「コンテストは勝者を決めるものだけれど、今回は勝者と敗者を決めるための物ではなく、素晴らしい作品を作る素晴らしい開発者・クリエイターを見つけ、GDD を一緒につくるために協力してもらうため、オープンに呼びかけている企画なので、コンテストとは呼ばない!」ということで、わかりにくいかもしれませんが Open Call という企画としてスタートしました。

Android ADK の Open Call は既に終了しており、現在 HTML5 の Open Call を行っています。締切が延期され、8月12日(金)午後 5 時(PDT)、日本時間では8月13日午前9時が締切になっています。

Open Callのサイト

なお、このブログ記事は Open Call の HTML5 に関連するので、締め切られてから公開しようと思っていたのですが、dymaxion map について解説をした方がよいのではという話が出ているため、現時点で公開することにしました :)

==============================

昨年の Google Developer Day 2010 は、日本が 9 月の開催でトップバッターでした。ロゴがまだできていない、ということでマウンテンビューの本社に行って、ロゴを作ってくれる人を探し、イベントのコンセプトや developer 向けプロダクトの説明をしにいきました。「Google Maps は完成した地図のサービスが提供するのだけれど、我々 developer relations が扱うのは Google Maps API というツール。このツールを使って、新しいサイトやアプリを開発者の皆さんが作るのを支援するのが我々のお仕事。Android 端末は完成したデバイスを提供するのだけれど、我々 developer relations が扱うのは Android SDK というツール。このツールを使って、Android アプリを開発者の皆さんが作るのを支援するのが我々のお仕事。そんな API やツール・道具をたくさん紹介し、開発者の皆さんに知ってもらい、使ってもらって、新しいサービスやアプリを作るのに貢献し、開発者の皆さんが成功するのに寄与しよう、というのが Google Developer Day というイベントを開催している目的です。そんな GDD は道具箱みたいな物です。。。」という説明をした結果、作ってくれたロゴがこちら。見事!!




さて、今年の Google Developer Day では日本は 11 月と後半の開催なので、私はロゴ制作には関わらなかったのですが、出てきたロゴがこちら。Open Call - HTML5 Challenge の素材にもなっています。
初めて見たときは dymaxion map を知らなかったので「かわいいけど、動物?この点々はなんだろう。。。」と思っていたのですが、dymaxion map について調べてみると:

Wikipedia から引用:

ダイマクション地図(ダイマクションちず、英:Dymaxion map)は世界地図のひとつである。地球を多面体上に投影したもので、さまざまな形の展開図へと展開できる。バックミンスター・フラーによって発明され、1946年に特許が取得された。このときの例としては立方八面体(ベクトル平衡体)への投影が示されている。1954年にThe AirOcean World Map(空海一体世界地図)として発表された版では正二十面体への投影に変更され、 今日ではこれが最も有名である。「ダイマクション」という名前はフラーが自身の発明のいくつかに付けているものである。

他の多くの投影法と異なり、ダイマクション地図では地球全面を正確に再現することを目指している。多面体の各面は心射方位図法であり、したがってダイマクション地図の各面を拡大することはその投影法と等価である。

ダイマクション地図のメリットは、面積のずれが比較的小さく、形の歪みが少なく、「正しい上方向」を持たないこと。北が上で南が下のような偏見がないこと。そんなダイマクション地図を今回の GDD のモチーフにもってきたのはかなり GJ! だと思います。

下記はほかのダイマクション地図の例。




この画像はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンス by Eric Gabaです。



この画像は Public Domain です。

ファイル:Dymaxion 2003 animation small1.gif

この画像はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植ライセンス by Chris Rywaltです。


さて、上記ダイマクション地図を見て、日本がどこにあるかがわかりました。その「日本の素晴らしさ」をアピールする作品を作ってください、というのが今回の HTML5 Open Call のお題です。「動く物を作ったり、色を変えたり、ゲームを作ったり、音楽を奏でたり、動画を再生したり、自由にクリエイティブに考えてください」とのことですので、是非。


Disclaimerこのブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。