2011年6月19日日曜日

Android @ Home

Google I/O でアナウンスされた Android @ Home についてもろもろメモ。

こちらが Android Open Accessory Development Kit (以下 ADK ) の現物(のRTバージョン)の写真。

Google I/O

Zakiさんが「I/O 2011 報告会 ADKで遊んでみた」という講演スライドを公開されています。


上記より抜粋(転載許可頂いてます):温度センサー、光(照度)センサー、タッチセンサー(金のAndroidの部分)などが搭載されています。


Google I/O での "Android Open Accessory API and Development Kit (ADK) "セッションのスライドはこちら、動画は下記。



ADK の documentation はこちら

いつもながらあんざいさんが素晴らしくまとめてくださってます :)
Y.A.M の 雑記帳: Android Open Accessory Development Kit



実は Google I/O では日本人の会社が 3 社も Developer Sandbox で展示を行なっています :) それぞれ紹介します。

一社はMiselu。ADK を使った Midi 入出力ボードと Android ドライバを使って、Androidタブレットでヤマハの自動演奏ピアノDisklavierを演奏。デモ動画はこちら↓




Miselu

試作品ボードでの演奏

Google I/O 2011

現在開発中!Android OS ベースの新たな鍵盤楽器のモック。

Google I/O 2011

二社目は Brilliant Service。展示作品は farmbox といい、AndroidでLEDを制御し、野菜を育てます。たとえば青色のLEDで育てたレタスは、苦くて固いけれどポリフェノールがたくさん含まれ、赤色のLEDで育てたレタスは、甘味が増すそうです。

Google I/O

日本では Pasona の屋内農場もあるぐらいなのでLEDで野菜を作ると言っても驚きませんが(いや驚くかw) Google I/O の会場で「彼らは何をやっているんだ?」と聞かれて「LEDで野菜を作っているんだ」というとかなり驚かれました :)

そして三社目はこのボードの OEM 販売もしている、RT Corporation です。こちらは ADK で動かしているロボット。

Google I/O


日本でも使い始めている方は増えているようです:)
adakoda:[Android] Open Accessory Development Kit (ADK) を使ってみた

例えば下記はガイガーカウンターとつないだ「Android Open Accessory connected Geiger Counter」の例。




日本発の面白い物がどんどん出現するといいですね!

Disclaimerこのブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。