2011年5月5日木曜日

iPhonegrapher―写真を撮り、歩き続けるための80の言葉

私が尊敬しているフォトグラファーの一人が三井公一さん。Twitter界では @sasurau として有名なあの方です。sasurau さんは最近、 iPhone のカメラで撮影した写真で個展をされたり海外の美術館に出展したりととても活躍されています。プロのカメラマンさんですので、普段はもちろん一眼レフでガンガン撮影されているのですが、iPhoneで素晴らしい写真を撮影されており、更にそれに実に胸に沁みる言葉を加えて書籍を発行なさった。それが「iPhonegrapher―写真を撮り、歩き続けるための80の言葉」で、先日献本を頂きました。ありがとうございます!

美しい風景、猫、路地、数々の写真と心に沁み入るような言葉。。。素晴らしい一冊でした。





カメラは性能の良い物をどんどん買って、レンズをどんどんよくして、素晴らしい写真が撮れるようになる。でも、どんなによいカメラを買っても、何を切り取るのか。何をどう伝えるのか。そこの方が重要。それをプロのカメラマンとして活躍され、すごく高性能なカメラをお持ちの sasurau さんが、自ら「iPhone」という誰でも平等に使えるツールを使って、画像と文字で魅せてくださるのが、素晴らしい。

夜明け

わあキレイですね。。。とつぶやいたら、「この写真は震災前の南相馬市の近くで撮影した物なんです」と教えてくださいました。夜は、明けます。



pray

こちらは去年のゴールデンウィークに、福島第一原発と第二原発の間で iPhone 3GS で撮影されたそうです。美しい風景が戻りますように。祈る。



私も頑張ろう。たくさん歩こう。たくさん見よう。たくさん伝えよう。

Androidgrapher を目指して、予習してみます。下記はフィルターも何も使わずに Nexus S の生カメラで撮影し、後加工を何もしていない写真です。

明日に向かって

会津大学で、福島の現状についてたくさん教えて頂き、宿題を抱えて東京に戻るときに撮影した夕焼け。やることはいっぱいある。

見る人はいないけど


うちに咲いてた花を、夜撮ってみた。節電で街灯を消しているので真っ暗で何も見えないけど、カメラのフラッシュが光ると夜もお花はこんなにキレイに咲いている。暗いからといって、見逃さないようにしよう。

命の洗濯


ヨセミテにて。ここんところずっとパソコンとかパソコンとかパソコンとかと向き合っていたので、大自然と向き合い、一日山登りをしたのはとてもよかった。明日もがんばろう。

鏡の湖


同じくヨセミテにて。Mirror Lakeと呼ばれる湖で、本当に鏡みたいに美しく投影される。上の方には飛行機雲も。



Disclaimerこのブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。