2011年1月20日木曜日

Loicのブログの紹介:起業家はグローバルリーダーを目指そう

Seesmic の CEO Loic Le Meurがこんなブログ記事を書いていたので超訳。あくまで超訳です(^^;;

Why I ditched Europe for Silicon Valley

※Loicはフランス人ですが、シリコンバレーに移住して Seesmic を立ち上げました。
Yeah Silicon Valley has most of the angel and VC money and yeah it's where the best tech entrepreneurs and players are but for a change I really insisted on what I think kills Europe the most: ambition to be a global leader.

シリコンバレーはエンジェルもいるしベンチャーキャピタルもいるし素晴らしい起業家やプレイヤーもいるというメリットがあるのも事実だけれど、ヨーロッパとの違いはそこだけじゃない。ヨーロッパに足りないのは「グローバルリーダーになろうという野心」だと思う。
When european entrepreneurs wake up in the morning and start their startup, they generally want to dominate their city or their country, first. I have been there, done that, and succeeded in France. Yes, you can succeed building a spanish, german, british, french or whatever leader and sell it or even go public. But by the time you do this there is likely a Silicon Valley player that got bigger, more money, better partnerships and became global leader. By the time you think about "going international" they're already huge and ready to kick your butt or acquire you.

ヨーロッパの起業家が起業するとき、たいていはその街やその国で一番になろうとする。スペインやドイツ、イギリスやフランスでトップに立って売却するか IPOするかを考える。だけど、ヨーロッパの起業家が自国で一番になって「そろそろ海外展開を」と考え始める頃にはシリコンバレーの起業達はもっと大規模に、資金力もつけて、もっと良いパートナーシップを構築してグローバルリーダーになっているのだその頃にはヨーロッパの会社を買収しようとしているかもしれない。

See YouTube versus the french Dailymotion video site, which was launched before YouTube.

例えば、DailymotionはYouTubeより先にローンチしていた。

Jacques-Antoine on stage at LeWeb this year said that Groupon was a copycat of Vente-Privee. Now compare the valuations of the two companies, Groupon has started way later but is already worth multiple times more than the "original".

Vente-Priveeの創業者Jacques-Antoine Granjonは昨年末に開催されたカンファレンスLeWebで「GrouponはVente-Priveeのコピー」と語ったけれど、後発のGrouponの方がオリジナルよりも全く高いバリュエーションを得ている。
※なお、LoicはJacques-Antoineをdisりたいわけではなく、彼の成功を認めた上でもっと成功して欲しいのにもったいない!というのがメッセージ。
Forget that example for a while, my point is that when entrepreneurs start something in Silicon Valley, they want to lead, own and eat the world, not San Francisco or even the US. That's their vision of their success. My feeling is that european entrepreneurs don't want that, they want to first dominate London and the UK, Germany, etc. Nothing prevents them from dreaming bigger day one. Same for european VCs backing them, instead of advising them to focus on one country, they should tell them to think world leader or not worth doing it.

シリコンバレーで起業する人は世界のリーダーになり、世界をわがものにして食ってやろうという意気込みでやっていて、サンフランシスコとかアメリカとかで成功しようとは思っていない。ヨーロッパの起業家はもっとでかく夢を持とう!ヨーロッパのVCも一つの国にフォーカスするのではなく、世界のリーダーを目指すべきだとアドバイスしよう!
※なお、Loicはヨーロッパの起業家をdisりたいわけではなく、もっと成功できるのにもったいない!というのがメッセージ。

もちろん自国の市場も取れないのに何が海外市場だっていう意見もあるとは思うのですが、起業家はもっと肉食に、もっとアンビシャスに、もっと世界征服を狙っていけというLoicの熱い意気込みを感じたので紹介しておきました。世界市場のトップを狙え、と。(彼はヨーロッパ出身なのでヨーロッパの起業家へのメッセージになっていると思いますが、我々も読みかえられるかなと。。。)

Disclaimerこのブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。