2011年1月23日日曜日

チュニジアについて

北アフリカのチュニジアで政変が起きているのは皆さんご存知の通りです。この政変について、我々が日本で得ている情報と得られていない情報。得ているけれど咀嚼しきれていない情報。そもそも背景を含めて知りたい情報がたくさんあります。

そこで、1月25日(火)の18時六本木の Glocom にて私が「ネットの力、みんなのチカラ 番外編」としてワシントンDCへ訪問したときの話をするのに加え、ゲストにチュニジア人の友人 Rafik Dammak さんをお招きし、色々質問をしてみたいと考えております。興味がある方は是非お越し下さい!

日時:1月25日(火)18時〜
場所:Glocom (〒106-0032 東京都港区六本木6-15-21 ハークス六本木ビル2階)地図
最寄り駅:東京メトロ 日比谷線「六本木」駅 から徒歩8分(1c出口から)
     都営地下鉄 大江戸線「六本木」駅 から徒歩15分(出口3から)
★お申し込みはこちら


============================================

●最もシンプルなバージョンの「チュニジアで何が起きていたのか?」

2010年12月17日:26歳のムハンマド・ブアジジ(Mohamed Bouazizi)さんが失業と職業の不安定・経済不況と物価上昇への抗議のためシディブジッド(チュニスの南150キロ)の市役所前で焼身自殺をはかる。これをきっかけに抗議行動が各地に拡散。23人が死亡したと伝えられている。Protesters and Police Clash in Tunisia Following Self-Immolation

こうした暴動についてチュニジアの国内メディアは報道しなかった(チュニジアはメディア統制で有名)が、ネット、特にソーシャルメディアを使って情報が広まり、全国に飛び火したと伝えられる。チュニジアでは言論の自由や集会の自由は制限をされていたため、こうした抗議行動が起こるのは異例のことだったという。Online Reports Detail Chaos, Deaths In Tunisia; Add Yours(この記事はツイート・写真・動画が多く掲載されている)

※チュニジアはアフリカ/アラブ諸国の中では比較的貧困度が低くGDPも高く安定していると考えられて来た(西欧諸国と比べたらとても低いが)。ただし、世界不況の波はチュニジアも襲い、失業者は増え、物価も高騰していた。また、23年にも渡る独裁政治と、それに伴うメディア規制に言論統制、インターネット規制もあり、(YouTubeやDailyMotionなどの動画共有差サイトへの規制は特に強かった)不満がたまっていた。

1月4日:ムハンマド・ブアジジさんが死亡。まだまだ続く抗議行動。
1月13日:事態を収拾するため、ベンアリ大統領(Zine El Abidine Ben Ali)は2014年の次期大統領選不出馬を表明(Twitterでの反応まとめ)。また、メディア規制やネット規制の緩和を表明。
1月14日:それでもデモが広がる中、チュニジア全土に非常事態宣言が発令された。そしてベンアリ大統領はサウジアラビアに亡命。Ghannouchi 首相が政権を引き継ぐ。(BoingBoingフォトレポート)Revolution in Tunisia: photo gallery
1月15日:Fouad Mebazaaが暫定大統領に任命され、60日後の選挙に向けて準備を進めることになっている。

※1月23日現在、チュニジアでのストライキやデモは続いている。また、エジプトやアルジェリア、サウジアラビアなどのアラブ諸国で模倣と思われる抗議の焼身自殺が相次いでいる。(イスラム教では自殺は大罪)チュニジア政変 アラブ諸国で相次ぐ抗議の焼身自殺

で、上記は「超シンプルバージョン」なんですが、事実は複雑らしいので色々聞いてみたいと考えています。


============================================

●Wikileaks革命、Twitter革命と言われているのは正しいのか?

1月上旬ぐらいには欧米の多くのメディアが「これはTwitter革命なのか」的な記事を書いており、チュニジア人達の多くはこれを否定。欧米メディアからも「Twitterやソーシャルメディアのおかげで革命が起きた」的記事はなくなり、どんな役割を果たしたのかを検証する記事が増えました。

Clay Shirkeyのtweet:no one claims social media makes people angry enough to act. It just helps angry people coordinate their actions.
ソーシャルメディアが人々が行動を起こす程人に怒りを植えることはない。ただ、怒れる人々が行動を起こすのを助けるだけだ。

GovFresh:A reader: Tunisia, Twitter, revolutions and the role of the Internet
-チュニジアで起きたことはTwitter革命だったのか?一言で言うとnoだ。
-チュニスで会った人からは誰一人TwitterやFacebook、Wikileaksという単語は出ない。出た言葉は失業、腐敗、弾圧についてだった。
-ジャスミン革命は地と肉によって導かれた物であって、WikiLeaksが暴露をしたからではない。
-政変を一つの理由で語ろうとするのは、正しくない。それが技術だろうと経済だろうと。
-チュニジア人達は何十年もためてきた不満が原因で行動を起こしたのであって、WikiLeaksやDOS攻撃、Facebookで何かを見たからではない。
Jillian Yorkの blog: Not Twitter, Not WikiLeaks: A Human Revolution
-「チュニジア人の誰に聞いても WikiLeaks は抗議デモに影響は与えていない」と言っている。チュニジア人はBen Ali政権の腐敗については何年も前からドキュメント化してきており、とっくに知っていた。

Jillian Yorkの tweet: Don't get all techno-utopian. Twitter's great for spreading news, but this revolution happened offline.
テクノユートピア主義になってはだめ。Twitterはニュースを伝えるのにはよいけれど、この革命はオフラインで起きた物。

Radio Free Europe: Tunisia: Can We Please Stop Talking About 'Twitter Revolutions'? (お願いだからTwitter革命とか言うのをやめてくれないか?)
- 事態はそんなに単純ではないのに、簡単な答えを求めすぎている。"Twitter革命"といった方がキャッチーでPVが取れるからジャーナリストは喜んで そう呼ぶのだろう。また、"Twitter革命"と言ってしまえばチュニジアについて全く理解していなくても自分たちの理解できる文脈で理解した気になっ てしまう。筆者は何度かチュニジアを訪れており、観光地以外のチュニジアで仕事のない怒れる人たちを見かけた。彼らは決してWikileaksのせいで怒り始めたのではない。
ちなみに多くの人が引用しているのは Ethan Zuckerman の書いた記事 "The First Twitter Revolution? (最初のTwitter革命?)" だと思うのだけれど、これって副題が小さく書いてあって "Not so fast. The Internet can take some credit for toppling Tunisia's government, but not all of it.(と言うにはまだ早い。インターネットはチュニジア政府が倒れるにあたっていくらかは寄与しているが、全てではない)と書いてあるんですよ ねー。。。


HuffingtonPost:Tunisia's Revolution Was Twitterized
CNN: Tunisian protests fueled by social media networks
Al Jazeera:Tunisia's bitter cyberwar
Al Jazeera:Hackers hit Tunisian websites
Computer World : Tunisian protests move to cyberspace
TechHerald: Tunisian government harvesting usernames and passwords

チュニジア人達は抗議の様子や情報をTwitterブログや Facebookにどんどん掲載し、YouTubeやDailyMotionに動画をアップ。ネット検閲/ネット規制で有名なチュニジア政府だが、政府によるフィッシングも(Gmail, Yahoo, Facebook等にチュニジアでログインしようとするとID/PWを取るコードが埋め込まれている)。Facebookアカウントを乗っ取られたアクティビストも出現。逆に、"Anonymous"などのアクティビスト達が政府のサイトにDOS(Denial of Service)攻撃をしかけ、少なくとも8つのサイトをダウンさせた。

Foreign Policy Blog:First thoughts on Tunisia and the role of the Internet
-革命は続くし、ソーシャルメディアもなくならない。よって、革命とソーシャルメディアの相関関係は存在する。でも、相関関係と因果関係は異なる

GigaOm: Was What Happened in Tunisia a Twitter Revolution?

チュ ニジア人によってたくさんのツイートが行われ、チュニジア以外に住んでいる人々が生の情報を手に入れることができたし、それらの情報を拡散することができ るようになったのは本当。でも欧米のメディアが取り上げ始めたのは事件が起こった4週間後、1月になってからだった。

まとめると:

●チュニジアについて言うと、ソーシャルメディアが革命を起こしたわけではない。だが、インターネットによって革命の効果を高めることはできるだろう。特に政府によってメディアが規制されている状態においては、情報伝達の役割は重要である。
●とはいえ、事件が起きたのは12月。ソーシャルメディアの力をもってしても欧米のメディアや Twitterユーザがキャッチアップできたのは1ヶ月後だった。(フランスとアラブ諸国のメディアはもっとずっと早く取り上げていた)
●殆どの抗議集会はソーシャルメディアを使わずに組織されたが、一部にソーシャルメディアのみで組織された集会があった。
●Wikileaksで大統領一家の腐敗が暴露されたのは本当。だが、大統領一家が腐敗していることはチュニジア国民には既知の事実だった。


ちなみにこちらは Al Jazeeraが作ったサイトで、北アフリカで行われた失業についてのデモを Google Mapsにマッピングし、デモの様子を写した動画へのリンクを貼ったもの。

興味がある方々にはまだまだあります:

ValleyWag: Did Wikileaks and Twitter Cause Tunisia's Revolution?
The Atlantic: Could Tunisia Be The Next Twitter Revolution? Ctd
MarketHack:チュニジアの「ジャスミン革命」はフェイスブックとウィキリークスが決定的な役割を果たした最初の革命
TechCrunch:A Twitter Snapshot Of The Tunisian Revolution: Over 196K Mentions Of Tunisia, Tweeted By Over 50K Users
ArsTechnica:Tweeting tyrants out of Tunisia: the global Internet at its best
HuffingtonPost:How Tunisian Facebookers Will Change Newsrooms
The Next Web: Crisis in Tunisia proves Twitter is the best, and worst, way to follow breaking news(Tweetが速すぎて追うのは不可能になるという話)
ブログ:The power of social, networked media in Tunisia
EAWorldiew:Tunisia and the Real Net Effect: How Facebookers Changed Politics and Newsrooms


============================================

●Slim Amamouさんについて

Global Voices というサイトがあります。世界各地から、現地に住んでいる人達がブログ記事を書き、それが色々な言語に翻訳されるというサイトです。このサイトに貢献している友人が何人かおり、私にとっては非常に貴重な情報源です。

世界では言論の自由が担保されている国ばかりではないので、時々この Global Voices のメンバーが逮捕されたというニュースが飛び込んできます。2010年5月がそのうちの一つで、その時逮捕されたのが Slimさんでした。彼は5月22日に予定されていた、チュニジアのインターネットフィルタリングに対する抗議活動の主催者の一人で、前日に逮捕され、デモを中止するように伝えられたとのこと。

Slimさんが2010年7月に書いたGlobal Voices記事:Mass Gmail phishing in Tunisia
チュニジアでGmailにアクセスしようとすると、政府によりID/PW をフィッシングされてしまうという記事。(上述してますが既に7月からやられていた物なんですね)そしてその後も続くネット検閲。。。2010年8月GV記事:A First glimpse at the Internet Filtering in Tunisia

1/6 再度逮捕(居場所はFourSquareで知らせた)
Global Voices記事:Tunisia : Blogger, Global Voices contributor, Slim Amamou arrested today
(ちなみにこのとき他にも多くのブロガーが逮捕されています)

1/14 釈放なう
@slim404's tweet : je suis Libre(釈放されました)
ベンアリ大統領が亡命しにいった日ですね。

そこで飛び込んで来た情報がこちら:Slimさんが入閣!

1/18 入閣なう
@slim404's tweet:Je suis secrétaire d'état a la Jeunesse et aux sports :) (Secretary of State for Youth and Sportsに就任)

New York Times記事:Tunisian Blogger Joins Government
Global Voices 記事:Tunisia: Blogger and Former Political Prisoner Appointed Minister

いやはやびっくりです。喜ぶ人もいれば、嘆く・怒る人もいる。なぜなら現在の暫定政権についている人達の多くは前政権の人達だったり、体制側として抗議行動を行う人々を傷つけていたりするから。

就任後も続くSlimさんの生の声。

@slim404's tweet:It's a temporary govt to setup elections. I'm here to watch and report and b part of the decisions Not here to rule
(これは選挙を行うまでの暫定政権だ。僕は何が起きているかを見て、報告して、意思決定を行う人々の一員になるためにここにいる。統治するためじゃない)

@slim404's tweet: it's about governing a nation. I won't be comfortable with a govt. of noobs like me. compromise. no choice. till elections.
(国を司るということさ。自分のような素人が統治する政治なんて自分も嫌だよ。妥協。選択肢がない。選挙まではね)

@slim404's tweet that's the reason I am in the goverment. to have 1st hand info. <- very important in current infowar (自分が政権に入った理由は一次情報を手に入れるため。昨今の情報戦の中ではとても重要なことなんだ) @slim404's tweet: IMO I won't last long in the govt. anyway. I'm not here to build a career :)
(どうせ自分が政権に長く留まることはないと思うよ。キャリア形成のためにここにいるわけじゃないし)


============================================

●この政変はどんな影響を与えるのか?

別途まとめます(^^;;;

LATimes: ARAB WORLD: Protests in Algeria and Yemen draw inspiration from Tunisia uprising
Wall Street Journal: Will Changes in Tunisia Sweep Region?
Global Voices: Arab World: After Tunisia, Who's Next?
Global Voices: Jordan: Tunisian Protests May Trigger More Agony for Arab Governments
The Economist: What the Arab papers say
JB Press: チュニジア政変、飛び火を懸念する金融市場
Foreign Policy: Tunisia: booting up a development model or back to the future?
Tunisia as a Paradigm?
How an Arab Autocrat Falls
The First Middle Eastern Revolution since 1979

BBCの記事:チュニジア人学生「もう怖くない」
Tunisian student 'not afraid anymore'
23歳のAsma Ghibri さんへのインタビュー。
「正直、この事件の当初は何か変化が起きるなんて思っていなかった」
「友達が動画をアップしたりFacebookに書いたりしているのは見たけど、最初は参加しなかった。簡単に体制が変えられるわけがないと思っていたから。でも徐々に意見が変わったの。」
「1月14日に友達からテキストメッセージを受け取った。今日集会に参加すれば我々は自由を手に入れられる、と書いてあった。」
「チュニジアは安定した国だった。でも、みんなが満足しているから安定していた訳ではなかった。自己規制が働いていて、思ったことを言ったり表現する権利がなかったから安定していたんだわ。例えば大学で問題があっても学長に意見するなんてできなかった名前が登録されてしまうと思うからね。」
「でももう怖くない。今は言いたいことを言えるし、政治活動に参加もできる。自由だわ。」
「今は移行のとき。一夜にして物事が変わることはない。一歩一歩前に進まなきゃ」


============================================

RafikのTweetの紹介:

plz stop giving credit to wikileaks and twitter for revolution, it is tunisians in the ground who made it
(WikiLeaksやTwitterのために革命が起きたのではなく、現場のチュニジアの人達が起こしたんだ)

social media helped to spread info because traditional media blackout and let citizens be aware but rarely used to coordinate actions
(ソーシャルメディアは既存メディアが規制されている中市民に情報を伝える役割を果たしたけれど、コーディネーションには殆ど使われていなかった)

the press get info and try to fit the facts to its own narrative and if the story don't fit then it is ignored
(プレスは情報を入手すると自分たちの伝えたいロジックに合わせたがり、彼らのストーリーに合わないと無視するものだ)

things are more complex, protests happened coz people could be organized locally with the help of local activists
(物事はもっと複雑だ。抗議は人々がローカルなアクティビスト達の助けを得て組織することができた。)

if there were fb event for protests, it was mostly... For protesting abroad
(Facebookで組織されたイベントの多くは国外の抗議活動のためでしょう)

there was attempt to organize protest in tunis via twitter I think, police was more than protesters
(チュニスでもTwitterでデモを組織しようという試みはあったけど、抗議者よりも警察の方がたくさん集まったと思うよ)

street demo is prominent because it changed a paradigm that tunisian unlikely to protests
(路上デモはチュニジア人はあまり抗議をしないというパラダイムを変えたんだ)

without protests, social media don't have something consistent to show,protest were and remain the "engine" of the revolution
(抗議活動がなかったらソーシャルメディアは見せる物がないでしょう。抗議活動が革命のエンジンなんだ。)


============================================

Featured Global Voices posts

20 Jan: Tunisia: Serbian Tourists Refuse to Return Home
19 Jan: Middle East: A Closer Look at Tunisia's Uprising
18 Jan: Russia: Bloggers on Lessons of Tunisian Revolution
18 Jan: Tunisia: Blogger and Former Political Prisoner Appointed Minister
17 Jan: China: Tense days and nights in Tunis
16 Jan: France: Our Embarrassing Ex Friend, Monsieur Ben Ali
16 Jan: Tunisia: Fears of Insecurity Overshadow Joys of Freedom
16 Jan: Arab World: After Tunisia, Who's Next?
15 Jan: France: A Show of Tunisian Pride in Paris
15 Jan: Jordan: Reactions to Ben Ali's Removal from ‘Angry Jordanians'
15 Jan: Saudi Arabia: Fleeing, Tunisian Ex-President Ben Ali Lands in KSA
14 Jan: Arab World: Where is Ben Ali Headed to?
14 Jan: Tunisia: Celebrations Welcome the End of Ben Ali's Rule
14 Jan: Tunisia: Ben Ali Has Left the Building
14 Jan: Arab World: Welcoming the Fall of Ben Ali
14 Jan: Tunisia: Tweeting Ben Ali's Speech–Change 2.0 or Just a Show?
13 Jan: Tunisia: YouTubing the Uprising
13 Jan - Tunisia: Hackers take over Tunisian Foreign Minister Kamel Morjane's Blog
13 Jan - Jordan: Tunisian Protests May Trigger More Agony for Arab Governments
12 Jan - Tunisia: Whisperings of Coup Just Rumour
11 Jan - Lebanon: Bloggers Support Tunisian Protests against “Arab Pinochet”
10 Jan - Tunisia: An Eyewitness Account from Tala
10 Jan - Tunisia, Algeria: The Revolution Will Not Be Televised
09 Jan - Tunisia: “Please tell the world Kasserine is dying!”
03 Jan - Tunisia: Anonymous vs Ammar - Who Wins the Battle of Censorship?
01 Jan - Tunisia: Lawyers Assaulted for their Sidi Bouzid Stand
31 Dec - Tunisia: “We Are Not Afraid Anymore!“
30 Dec - Tunisia: The Cry of Protestors Echoes Around the World
23 Dec - Tunisia: Unemployed Man's Suicide Attempt Sparks Riots



Disclaimerこのブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。