2011年1月7日金曜日

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!

すっかり遅くなってしまいました(^^;;;

2009 年に独立して 2010 年前半までは旅人生活。2010 年後半は旅人を辞めて、 Google 生活を開始しました。2年間、色々ありましたが、楽しい日々でした♪

夢が叶ったその 1 : 旅人になるのは高校時代ぐらいからの夢だったので実現してよかったです!2009年1月に行ったメキシコをはじめ、南米〜イースター島ブエノスアイレスを含むアルゼンチン各地、ボリビアのウユニ、そしてペルーはマチュピチュクスコナスカにリマにアレキパなどなど色々なところを回りました。中近東ではヨルダン(ペトラ遺跡死海でプカプカ)、イスラエルのエルサレム、パレスチナ自治区のベツレヘム、UAEのドバイなど。ヨーロッパはパリ、そしてアジアも上海や香港など。旅行中にお世話になった数多くの皆様に改めて御礼申し上げます m(__)m

会社員になったら海外なんて行けないかなあと思っていたら、北米、南米、ヨーロッパと更に各地に出張させて頂く機会に恵まれました。ありがたいことです。。。

私の旅の楽しみは、観光ももちろんあるのだけれどそれ以上にローカルのブロガー達と会ったり、ローカルの Creative Commonsのメンバー達と会ったり、ローカルのディベロッパー達に会ったりすること。国は違っても同じような興味をもっている人とは話が弾むし、土地土地の違いが浮き出てきて非常に面白い。いつかまとめてブログに書きたいです。

夢が叶ったその 2 : せっかくブログとか書いているので、独立したら色々書き仕事をしてみたいなあと思っていました。どうなるかなんて全然わからずに独立したのだけれど、皆様のおかげで色々なところでお仕事をさせて頂く機会に恵まれ、 Burning Man に行きながら共著の書籍「Twitterマーケティング」の原稿を練り(実際に書いたのはサンフランシスコ)、イースター島で英字新聞「Japan Times」の記事を書き(ネタはワシントンDC)、クスコで フェローをさせて頂いている Glocom の「智場」の原稿を書くなどしていました。途中で旅は旅に専念して、書き仕事はやっぱ東京でやった方がいいのかなあと思ったりしたけれど、これはこれで面白い生活でした。ちなみに雑誌「日経ネットマーケティング」の連載とかはほぼ東京で書いてました。ほかにも TechCrunch JapanASCII技術評論社ロフトワークのコラムなど、色々なところで記事を書かせて頂きました。

夢が叶ったその 3 : 同じアホなら踊らにゃ損々。どうせ海外の IT 系カンファレンスに行くなら、聞くだけじゃなくてしゃべる側になりたいなあと思っていたのですが、これも本当に皆様のおかげで Etech2009(サンノゼ)での講演、APIRA2009(香港)での講演、LeWeb2010(フランス)でのIgniteなどでお話をさせて頂きました。こうした機会をくださった皆様、ありがとうございました。そして今年も色々面白くなりそうです!!まずはSXSWで「Big in Japan: Outreaching to a Unique Market」というパネルに出ることになりました。楽しみです!

ちなみにまだ叶ってない夢は色々ありますが、まずは面白いアプリを作ったり、面白いコンテンツを作ったり、電子工作で面白い物を作ったりできるようになりたい。そして、それらができるすごい人達の力になれればなあと思います。今のお仕事はつまりはそういうことなんですけども :)

もちろん行き損ねたところもいっぱいあります。シベリア鉄道に乗り、モスクワとかサンクトペテルブルクとか行ってみたい。チベットやパタゴニア、バリやブータンに行ってみたい。ニューカレドニアやニュージーランドに行きたい。モロッコとかチュニジアとか(以下略)

昨年は Google Developer Day 2010 という大きなディベロッパー向けのカンファレンスを運営させて頂き、たくさんのことを学ばせて頂きました。お世話になったたくさんの皆さんに改めて御礼申し上げます。今年も様々なディベロッパー向けイベントを開催して、皆さんに喜んで頂ければと考えております。TEDxTokyo2011 までもあと4ヶ月。。。

さて。せっかくなので旅人時代の写真をいくつか蔵出ししてみたいと思います。

Ad Tech Shanghai の動画チームを手伝わない?と誘われて上海に行き、日本人向けのインタビューとかしてました。ついでに足を伸ばした蘇州と杭州。下記は西湖の写真です。夕焼けが綺麗でした!



大好き!モンサンミッシェル。大学時代に夏に行ったのですが、LeWeb2008のためパリに行った際に再び寄りました。冬は冬ですごくよかった。全然人がいなくて、めちゃめちゃ寒くて、でもおごそかで。。。夏に 行く方は是非座って、団体客が去るのを待って一人で静寂を堪能してみてください。シーンとして冷たくて静かなモンサンミッシェルと人がガヤガヤしているモ ンサンミッシェルは別世界です。 



メキシコのテオティワカン遺跡。これは太陽のピラミッドです。旅人になったばかりの1月、最初の旅行がメキシコでした。もともと知っている人はいなかった のですが、メキシコに行くって言った途端に皆さんがメキシコ在住の人達に紹介してくださり、現地に行ったら行ったでメキシコに来たらあそこに行かなきゃ・ そこがオススメと皆さんが教えてくださって毎日スケジュールがガンガン変わって超楽しかったです。この日は突然朝ホテルに電話がかかってきて「今日家族で テオティワカンに行くことにしたのだけれど、一緒にどう?」とお誘い頂いて、厚かましくもご家族と同行させて頂いてしまったのでした。その節はありがとう ございました!!



こちらは香港のビクトリアピークからの夜景。美しいです。



遂に行ってきました、バーニングマン。面白かった!お金のない世界。時間のない世界。灼熱と極寒の砂漠で、みんなで助け合いながらの一週間。街を作り、 アートを作り、アートを見、普段は絶対会わないであろう人々と触れ合いながら生活し、そして綺麗に地球に還して playa を去ったのでした。



バーニングマンの後にラスベガスに寄ったのですが、Cirque de Soleil の "O" を見に行った以外はあまりギャンブルもせず、グランドキャニオンに行ってしまったのでした。




ワシントン DC のワシントンメモリアル。夕暮れと噴水と星条旗。DCではたくさんの方に Gov2.0 について取材をさせて頂きました。お世話になった皆様、ありがとうございました!ぜひ日本でも推進したいですね。



南米初上陸はブエノスアイレスでした。hostel に着いたら、アルゼンチン対ペルーのサッカーの試合があるからみんなで行こうという話になり、宿の人が押さえておいてくれたチケットをもらってみんなで見 に行きました。近所の hostel 共同でバスを貸切にしてもらって。。。ホテルに一人で泊まったのではこうはいかない。hostel は安いというメリットもあるけど、こういう楽しみがあるから好き。応援は会場中がジャンプしながら縦揺れしててすごかった!



イースター島。この人が私のお気に入りのモアイさんです。モアイには帽子をかぶった人とか、それぞれ少しずつ特徴があったりするのでじっくり見ると面白いです。


ボリビアにある世界最大の塩湖、ウユニ。真っ白な地面と真っ青な空。照りつける太陽。遠近感が不思議な感じになるので、みんなで面白写真を撮りました。ちなみにこのへんの標高は4,000mぐらい。海だったところがぼこっと4,000mもせりあがって干からびて塩湖になっているんですね。地球ってすごい!この後行った温泉は標高5,000mでした。生まれて初めて高山病らしきものを体験しましたが、体が重いなあ風邪っぽいなあと思いながら慣れで治してしまいました。。。



思い出のマチュピチュ。実際に行くまでの人生は「マチュピチュに行くまでは死ねない」と思って生きていました(笑)。インカトレイル(インカの古道)を運 動不足の体で4日間かけてトレッキングし、ほうほうのていで到着した「太陽の門」。そこでマチュピチュを見下ろすとなんと雲に覆われて何も見えない!泣き そうになりながら神に祈るワタクシ達。。。そしたらなんと雲がサーっと去って、太陽が出てきた!雲の間から現れるマチュピチュ!超感動的でした。

マチュピチュまで行けることは人生で何回もないと思うので、大変ですが是非ワイナピチュにも登りましょう。マチュピチュを見下ろすことができる山です。



ナスカの地上絵。セスナから撮りました。これは宇宙人 :)色々な地上絵があるので、セスナでぐるっと回ってくれます。酔いますけど。。。(笑)



アレキパで乗馬もしました。ちなみに一応乗馬のライセンスも持っています :)昔とったのでもう全然覚えてませんが。。。



南米には素敵な動物がたくさんいます。この子は「アルパカ」さんですね。超かわいい!毛糸となって暖かいセーターとして暖めてくれたり、食用となって美食を提供してくれたりします。私も最初は大変抵抗があったのですが、レストランでアルパカの肉は普通に出てくるのです。。。ちなみに「ビクーニャ」という美人さんもいまして、こちらは姿もほっそりしているのですが、性格も繊細な動物です。飼育ができないため、セーターとかの製品は大変高額です。




憧れのペトラ遺跡!朝昼晩と太陽の光によって色が変化するので是非丸一日行ってみてください。夜はペトラナイトというイベントがあって、ペトラ遺跡の通路にキャンドルが灯され、パフォーマンスが行われます。とても幻想的で素敵です。



アンマン城。ここのヨルダン考古学博物館には「死海文書」がありました。



ドバイの「世界一高いビル」ブルジュ・ハリファです。カメラに入りきらないです。。。



ドバイでは砂漠に出て「デザートサファリ」もやりました。ラクダにも乗りました。あ、ちなみにこのターバンは本当は男性用ですので女性の皆さんは真似しないでください(笑)私は気に入ってたんですけどね〜 :)



なんだか久しぶりに Travelblogの名に恥じない旅な感じのエントリーが書けて嬉しいです。今年も頑張ります!よろしくお願いします♪

Disclaimerこのブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。