2010年10月23日土曜日

テクノロジーで人の味覚は騙せるか? -デジタルコンテンツEXPO 2

デジタルコンテンツEXPOの会場を歩いていたら、見るからに怪しいブースが!体験者は頭に数々のチューブがついたヘッドギアを装着しています。これは体験せねば!ということで東京大学の広瀬・谷川研究室に行ってみました。

「MetaCookie+」は、嗅覚と視覚の錯覚でクッキーの味を変える?というプロジェクト。

体験者はヘッドギアを装着し、ARマーカーが書かれたクッキーを手に持ちます。

デジタルコンテンツエキスポ2010

体験者が手に持っているクッキーはもちろん変わらないのですが、ARを使って体験者の目に映るクッキーはチョコレートやイチゴ、メープル等の味付きクッキーに変わり、それに合わせてチューブからチョコレートやイチゴ、メープル等のにおいが送られてきます。

デジタルコンテンツエキスポ2010

プロジェクトのPVはこちら。



さて、いよいよ食べてみます。メープルが一番騙されやすいとのことなのでメープルを選択。

画像がメープルクッキーに変わり、メープルの香りがチューブから流れてきます。ぱく!
もぐもぐ。。。うーん、やっぱ味は普通のクッキー。。。
と思いきや、再度流れてくるメープルの強い香り。確かに香りで騙されるかも?

ちなみに副産物。クッキーにARマーカーをプリントするクッキープリンターを使ってミクのクッキーを作って頂きました!もったいなくて食べられない。。。

デジタルコンテンツエキスポ2010

こちらがクッキープリンター。こんなのあるんですねえ。

デジタルコンテンツエキスポ2010

ほかにも色々なクッキーが作られていました。

デジタルコンテンツエキスポ2010

Disclaimer

このブログは山崎富美の個人的なものです。ここで述べられていることは私の個人的な意見に基づくものであり、私の雇用者には一切の関係はありません。