2010年5月11日火曜日

TEDxTokyoスピーカー紹介15:川口盛之助さん

TEDxTokyo大盛況で終わりました。ありがとうございました!
写真と動画をアップデートします。

日本が世界に誇る「トイレ」について。面白すぎる!

20100515_TEDxTokyo_168
(Photo by TEDxTokyo)



こちらが英語版

TEDxTokyoスピーカー紹介15人目は「オタク大好き人間」でアーサー・D・リトルのコンサルタントな川口盛之助さんです。

川口さんは“オタク”を綿密に観察し、そこから複雑なテクノロジーや製品に対する発想を得るという研究をされています。日経ビジネスオンラインの「川口盛之助のニッポン的ものづくりの起源」やYouTubeチャンネルが参考になると思います。例えばこれ。英語で「無限エダマメ」のよさを延々と語っておられる(笑)





実は盛之助さんは、昨年 ETech で講演したときに一緒に講演した Lisa がインタビューして動画で紹介したというご縁で、その後もパーティ等ではお会いしていますが、講演を拝見するのは初めて :)当日が楽しみです。

<川口盛之助さんのプロフィール>

テクノロジー・コンサルタント、サブカルチャー・イノベーション・エキスパート

川口はオタク大好き人間です。更に凄いことに、日本が発信する巨大で独創的なサブカルチャー“オタク”を綿密に観察し、そこから複雑なテクノロジーや製品に対する発想を生み出しています。オタクの世界と日本の“モノづくり”に対する彼のアプローチが研究開発分野で競争力を示したこともあり、日本を象徴する人物のひとりとして考えられるようになりました。テクノロジー・マネジメント、知的財産、そして電気通信、電子機器、自動車などの産業分野に全く新しいテクノロジーを導入するための戦略エキスパートとして広く知られています。現在は、アーサー・D・リトル(ジャパン)株式会社の日本科学技術担当のコンサルタントを務めるかたわら、東京工業大学にて大学院の講義を受け持っています。近頃上梓された『オタクで女の子な国のモノづくり』では、イノベーティブな製品の創出においてサブカルチャーがテクノロジーをリードするクールでワイルドな未知の領域を興味深く掘り下げています。


川口盛之助さんのTEDxTokyoでのスピーチは5月15日 17:10です。ぜひ、ご覧下さい。
ストリーミングはこちらで: http://tedxtokyo.com/ja/