2010年3月5日金曜日

NTT R&D Forum2010ブロガーミーティング

NTT R&D Forum2010に行ってきたの続きです。
ブロガー向け説明会で二つのサービスが説明されたので、それについて書きます。



●1つ目は「ひとつなぎ」というサービス。

ひとつなぎとは、ブログで話題の有名人と有名人の関係性をタイムリーに表示するサービス。「人」と「人」と「関係語」の組み合わせを抽出して、多く書かれているものから表示。ブログに書かれている人なので、有名人が殆どとのこと。

例えば「織田信長」で検索すると、「戦った」という関係性の「徳川家康」や「右腕」という関係性の「豊臣秀吉」が表示される、という具合。人の情報はwikipediaから引っ張ってきているそうです。

NTT R&D Forum

自然言語処理を行い、テキストから係り受け構造や人と人の関係を示す単語の特徴を利用して、情報を抽出。


表記ゆれの統合は行っているそうです。また、同じ「たっくん」でもどの人物なのかを推定する機能も。

NTT R&D Forum

このサービスは研究所側でデモを作って、NTTレゾナントに提案に行き、採用されたのでGooラボでの公開になったとのこと。

さて、ここで「ワークシート」登場。参加したブロガーに以下の質問を投げかけ、アイディアを語ってもらうというもの。

1)有名人と有名人の関係以外の関係やつながりはどんなものが見たいですか?
2)どのような情報が簡単に見られるようになるとうれしいですか?

こういうイベントなので、企業側のPRだけではなくユーザーから情報やアイディアをもらおうというのも貴重な機会なのでしょうね。

NTT R&D Forum


●2つ目は「ドコレキ」というサービス。

開発にあたった研究者の方の自己紹介から。大学時代に株価自動売買エージェント「カブロボ」コンテストを主催した方です。当時IBMが戦車のコンテストを行っていたのを見て、もっと「儲ける物をやろうよ」と提案して、カブロボコンテストを行うことになったらしい。未踏の天才プログラマー・スーパークリエイターの認定も受けています。

カブロボコンテストには3,200チームが参加し、原資1000万円で一ヶ月で129万円儲けたユーザーが出現したとのこと。自分は就職してしまったものの、後輩はカブロボで起業して、マネックスにバイアウトしたそうです。

「変化を起こすのが醍醐味」と語ります。楽しみな若手エンジニアさんですね!

NTT R&D Forum

カブロボの参加者はプログラミングができず、かつ株式の知識がない人が多い。

NTT R&D Forum

これをもっと「プログラミングができて、株式の知識がある層」まで広げようと。

NTT R&D Forum

彼の考える理想の携帯はアニメ「東のエデン」に出てきた「ノブレス携帯」。救世主候補に選ばれると、100億円が自由に使えて、電話をすると秘書が何でもやってくれるというもの。また、物や人に向かってかざすとその物・人についての情報が表示されます。NTTの研究所で東のエデンの話が出るとは思わなかった(笑)

NTT R&D Forum

で、ノブレス携帯を作るために作ったのが「ドコレキ」。PCと携帯の履歴をどこでも見れるようにするサービス。前日に自宅PCでデートのために調べてあったはずのレストランの情報を忘れたとしても、携帯ですぐ履歴を見ることができる。

NTT R&D Forum

履歴を活用したリレキアプリを色々作りたい、と。

NTT R&D Forum

で、その「リレキアプリ」が貯まって色々なことをやってくれるようになると「ノブレス携帯」のようになるんじゃないかとのこと。うーむ。。。

NTT R&D Forum

プログラミングができない人でもリレキアプリを作れるようにしたいそうです。

NTT R&D Forum

例えば「リレキゲーム」として、情報収集を行うとどんどんスキルアップするゲームとかを考えているそうです。

私はPCとiPhoneユーザーなので、リレキアプリはともかくとしてリレキの外部脳的部分についてはEvernoteでやっちゃってるなあと思いました。でも、ノブレス携帯は欲しい!ジュイス(秘書)が何でも言うこと聞いてくれるところより、携帯を人や物にかざすとその人・物の情報を表示するところがほしい。

ノブレス携帯に魅了された人はたくさんいるので、なんか作っちゃった人は多い。
なお、元々のデザインはNECがオートバイライダー用に作ったもの。

NECは更にドコモのN-06Aにノブレス携帯の着せ替えツールをプリインストール。待ち受け画面やメニュー画面、アイコンや発着信画面など数々の画面がノブレス仕様になっています。

更に個人が作る作る。。。様々な自作ノブレス携帯動画がアップされています。
お手製ノブレス携帯(概観、SUICAやEdyも仕込んであるので物も買える)

ちなみに最近これだと思ったのは「Recognizr」。ARと画像認識とソーシャルメディアを融合させたアプリで、人の顔に向けてAndroidをかざすと、顔認識を行い、クラウド側DBにデータを送り、プロフィールやTwitterやFlickrやSkype等のアカウントをぷよぷよ表示するというもの。動画必見。



さすがに人に会ったときにAndroidをかざすのははばかられるので、できればヘッドマウントディスプレイとか網膜投影で実現したいものです(^^)/