2010年3月5日金曜日

NTT R&D Forum2010に行ってきた

非常に遅くなってしまったのですが2/23-2/24に開催されたNTT R&D Forumの記事を書きます。

エントランスの様子。




会場の様子。



会場は「暮らしへのアプローチ」「社会へのアプローチ」「企業へのアプローチ」「地球(環境)にやさしいネットワーク基盤技術」の4つのセクションに分かれたテーマ展示と、技術展示のセクションに分かれています。

●「暮らしへのアプローチ」からピックアップ。

Red Tacton (PDF)

RedTacton(レッドタクトン)とは、体の表面に発生する二次輻射電界を利用する「電界通信」という新しい通信技術。端末を身に付けることにより、体そのものが伝送路として機能し、お買い物の際に体を使って電子決済ができるようになります。

シミュレーションをさせて頂きました。まずは家を出るところから。手元のカメラからの撮影なのでわかりにくいですが、Red Tactonを首からかけた状態で左側に見えているドアノブを触ります。

NTT R&D Forum

そうすると、PCには何が入っているか等様々なデータが読み込まれます。その中に、「冷蔵庫に何が入っているか」も読み込まれます。

NTT R&D Forum

スーパーに到着。入り口に立つと、Red Tactonの「冷蔵庫情報」を元に、何を買うべきかとかそれがどこの売り場にあるか等が自動で表示されます。

NTT R&D Forum

こちらが売り場の様子。商品をテーブルに乗せて触ると、Red Tactonが反応して購入フラグが立ちます。

NTT R&D Forum

購入したというフラグが立つと、赤いライトがつきます。

NTT R&D Forum

レジに行くと、購入したものが表示されます。

NTT R&D Forum

面白い!



ぶるなび2 (PDF)

ぶるなび2とは「力感覚」を使った誘導装置。視覚障がい者の方が緊急時に安心・安全に避難できるよう、視覚や聴覚によらない誘導装置を開発。知覚特性を利用して、携帯端末で「引っ張られるような感覚」を発生させる装置をつくり、京都市消防局、京都府立盲学校と協力し、検証実験を実施。

こちらが前のバージョンのぶるなび1。前後左右に引っ張られる感覚を体験できます。

NTT R&D Forum

こちらが最新のぶるなび2。前後左右に加え、斜め方向も加えて8方向にひっぱることができます。

NTT R&D Forum


●「社会へのアプローチ」からピックアップ。

公共系医療・ヘルスケアサービスPDF

ネットワークを活用し、散在する個人の医療・健康情報を共有・利活用するための基盤と、その基盤を利用した遠隔での保健指導などを実現するアプリケーション

日本だと、患者さんの医療データを電子的に病院間でやりとりすることができないのですが、病院相互がちゃんと連携してくれないと色々問題が起きる可能性があります。副作用とか。

よって、総務省・経済産業省・厚生労働省の3省の協力で、沖縄で今3ヵ年の実証実験をしているそうです。本人の同意が取れた場合のみ、病院相互で患者のデータを見ることができるシステム。

NTT R&D Forum

更に、患者がそのデータにアクセスできる。

NTT R&D Forum

そして、そのデータを見ながら、自宅からテレビ会議システムで保健指導者から指導を受けることができます。こちらが指導者用端末。

NTT R&D Forum

こちらが患者さん用のコミュニケーション端末。加えて、健康管理用のデータを取得してデジタルデータとして取り込める仕組み。

NTT R&D Forum

こちらのプロジェクトについての報告書はこちらで読めるようです。


●「企業へのアプローチ」からピックアップ。

Virtual Smartphone over IP システム (PDF

スマートフォンユーザに仮想環境をクラウドで提供するシステム。Androidからクラウド環境にアクセスし、アプリを動かすデモ。写真は不可とのことなのでなしです。

●「地球(環境)にやさしいネットワーク基盤技術」からピックアップ

NTTグループの地球環境保護への取り組み PDF

NTTは巨大グループなので、NTTグループ自体のCO2排出量削減等の環境対策と、提供サービス等による社会全体に対する環境対策の二本柱。紙の電話帳を純正パルプから古紙を使うようにしたり、自然エネルギーによる電力消費量削減等の取り組みが行われています。

NTTグループ主要行動計画目標と達成度

NTT R&D Forum

地球温暖化防止への取り組み

NTT R&D Forum


光電子融合型光パケットルータ  (PDF

インターネットを利用したサービスの急成長に伴い、通信トラヒックは年々増大しており、その中で用いられる電気ルータの膨大な電力消費量が大きな問題となっています。このため、ルータの大容量化とともに、消費電力の大幅な削減が求められています。というわけで開発されたのが「光電子融合型光パケットルータ」。様々な光デバイス技術をベースとして、光の高速性と電気の機能性を適材適所に融合することで、が実現できたそうです。

具体的には、パケットをメモリに入れたり、パケットを刻むようなルータ内部での処理を電気的に行い、バッファ処理をなくして「光で入れて光で出す」ことで消費電力と遅延時間の大幅な低減が可能になったとのこと。大幅ってどのくらいかというと、例えば、通常消費電力が10kwかかる処理を360wで処理できるようになり、遅延は80-100マイクロセカンドかかっていた処理が1.4マイクロセカンドぐらいになるそうです。

展示はダミーですが、このサイズ。通常と比べてかなり小さくなっているのですが、更に小さくなる予定だそうです。



開けたところ。

NTT R&D Forum

プロトタイプなので、完全に手作り。

NTT R&D Forum

光パケットルータ技術の説明

NTT R&D Forum

パーツも展示。

NTT R&D Forum

NTT R&D Forum


歩行発電 (PDF)

着用して歩くだけで、いつでもどこでも発電することができる靴。

NTT R&D Forum

靴底に流体が入ったタンクとタービン、発電機を搭載しています。歩行時につま先とかかとの下のタンクを順番に踏みつけて、中の流体をタービンに流し込んで発電します。発電しても二酸化炭素を出しません!

NTT R&D Forum

靴を履くことはできませんでしたが、代わりにステップを踏んで発電するのをやってみました。片足でだいたい1ワットぐらい発電できるらしい。携帯電話が1.2ワットなので、多分通話できるらしい。ただし現在は逐電できる電池を積んでいないので、電気を貯めることはできません。

NTT R&D Forum


●「技術展示」からピックアップ


セキュアPUSHによる情報配信技術 (PDF)

通信機能付きデジタルフォトフレームを4th Screen(TV、PC、携帯電話を補完する家庭内の4番目のスクリーン)端末として生活空間の中で常時稼働させ、情報サービスの更新や家庭内の各種機器の状態など、様々な情報をタイムリーに表示。こちらはAndroidベースで作っており、アプリはみんなが作る方式。イベント通知には、NGNのIMS標準で規定されているSIP Messageメソッドなどを活用したセキュアPUSH機能を使うそうです。

NTTの研究所の展示で、Chumby がちょこんと乗っているところに撮影欲を刺激されました(笑)
Chumbyを家中に置けばほぼ同じことができる気がします。

NTT R&D Forum


Webサイト攻撃情報収集・解析技術 (PDF

近年、Webアプリケーションのぜい弱性をついて、Webサイトをマルウェアに感染させたりWebサイトを改ざんする攻撃が多発しています。「Webサイト攻撃情報収集・解析技術」では、おとりサーバを使ってWebサイトへの攻撃を安全に収集・解析し、攻撃を検知・制御するための特徴情報を自動的に生成します。

この展示、本物のデータだそうです。

NTT R&D Forum


ユーザ嗜好と行動を加味したグルメ情報推薦 (PDF

ライフログ処理技術による、スマートフォンユーザを対象としたグルメ情報レコメンドシステム。ユーザの嗜好と行動履歴を使って、TPOに合ったグルメ情報をユーザに提示。具体的には、端末の操作履歴などからユーザの嗜好を自動的に推定し、行動履歴から目的地を自動的に予測し、GPSなどを用いてユーザが誰と一緒かを自動判定してその人の嗜好も加味しながら、総合的にレストラン等のレコメンデーションを行います。

NTT R&D Forum

おまけ:

お土産で頂いたYRP印の「携帯サブレー」!

NTT R&D Forum