2010年3月23日火曜日

放送記念日特集 激震 マスメディア ~テレビ・新聞の未来~を見た

NHKスペシャルで、「放送記念日特集 激震 マスメディア ~テレビ・新聞の未来~」という番組が放映されました。

<キャスター>
●藤沢秀敏解説委員長
●黒崎めぐみアナウンサー

<ゲスト>
●日本新聞協会会長   内山斉さん  
●日本民間放送連盟会長 広瀬道貞さん 
●ドワンゴ会長     川上量生(@kawango)さん 
●ITジャーナリスト  佐々木俊尚(@sasakitoshinao)さん
●学習院大学教授    遠藤薫さん  
●NHK副会長     今井義典さん 

番組ホームページより引用:

今、テレビ・新聞といったマスメディアが、かつてない事態に直面している。若者を中心としたテレビ離れ・新聞離れが懸念され、また景気の悪化により広告収入も減少、アメリカでは、経営難に陥るマスメディアが相次いでいる。日本にも、いずれその危機が迫ってくるという見方も強い。

その背景にあるのは、インターネットの爆発的普及。インターネットがメディアの構造を大きく変化させているのである。

テレビ局や新聞社は、携帯電話などあらゆる端末に番組や記事を配信しようとするなど、ネットとの融合を図ることで生き残りを模索している。そうした中、これまでマスメディアが主に担ってきた「公共性」や「ジャーナリズム」の役割や在り方も大きく変わろうとしている。

今後、マスメディアはどう変革していくべきなのか変革するためには何が必要なのか。そして、それは私たちの暮らしにどんな影響を及ぼすのか世界のメディアの最新状況を伝えるVTR取材と、有識者によるスタジオでの討論をもとに、ネット時代のマスメディアのあり方について考える。
・NHKではメール・番組ホームページ・ハッシュタグ#nhk_media0322を設けてTwitterでご意見募集。それらを適時番組の中で紹介するという形をとっていました。

・画面全体では出演者を写しつつ、下部には視聴者の意見を表示。実際に放映されていた意見の一部を書き取ったもの(全部書き取ってよい物を載せているのではなくあくまでたまたま書き取ろうと思ったときに3連続来たものを載せているのでもっとよい・悪い意見はあったと思います。下記はたまたまです):

記者が主観を入れるとうっとうしい。機械のように情報だけを流してほしい。

マスメディアの情報をほとんど信じていません。ネットの情報の方が多様です。

堅実な取材に基づいた記事や放送を望む。それがブロガーなどとの差だと思う。

ざっと見ていた感じでは、結構バランスよく意見を抽出しているところはよかったのではないかと思いました。

・Twitterでは「アメリカの例ばかり」「マスメディア側が年輩の人ばかり。もっと現場の人を出演すべき」「ゲストが自分の立場を主張しただけで噛み合ってない」「新しい情報が何一つない」等々、辛口な意見が飛び交い、多くの意見に同感ですが、それは我々がネットの中の人だから。ネットではこの手の議論が非常に多く起こっていて、みんな知っている。ただし、それをあまり知らない日本人がたくさん存在するのも事実。この番組を機にそういう人たちも佐々木さんや川上さんの話を聞いて、より広い人たちの中で議論が深まればよいのではないかと思いました。ま、それこそがNHKでこういう番組を放映する意味かなあと。

・「ネットの言論は信憑性が」「マスメディアだって質の低いコンテンツ垂れ流してるし、ネット上にだって専門家がいる」「ネットでは議論や検証により真実に近くなる」「いや衆愚だ」的議論はもうネットではやり尽くしている感があるけど、そこまで戻らないとだめな人たちもいる。

でも、孫さんがリツイートした下記ツイートが@NHK_mediaオフィシャルTwitterアカウントによってリツイートされたし、テレビでも紹介されました。
マスメディア側から、ネットは専門性に欠ける、プロでは無いというのは、失言ですね。RT @sorahikaru: #nhk_media0322 元URL
・「アメリカでのマスメディアの凋落、そして日本のマスメディアも既にやばい」・・・それはもう番組の前提になっている。「インターネットを機に、ジャーナリズムのあり方も変わってきている」・・・それも出演者への出演依頼の中にも書いてあったはず。番組ホームページにも掲載されているぐらいですから。それでも番組の中では立場的に、また知識的にコンサバな意見もありつつ、そういう意見もあるよねと受け止めつつ、早く次いこ、次という感じ。

・一番の問題は、この番組のテーマであったはずの「今後、マスメディアはどう変革していくべきなのか変革するためには何が必要なのか。そして、それは私たちの暮らしにどんな影響を及ぼすのか」ということがあまり議論されないまま番組が終わってしまったこと。ちょっと拍子抜けしてしまいました。前提の部分で議論が終わってしまったのはもったいない。しかしまた出演者を変えた上で、続編でそこをちゃんとやるに違いない。。。とつぶやいておきましょう。続編にはもっとマスメディアの中でも現場に近い人も交えてやるに違いない。。。と更につぶやいておきましょう。あ、佐々木さんと川上さんは是非続投して頂きたいです。

・なお、今回はハッシュタグが流れすぎ、更に後述する「裏番組」のUstreamや裏番組のハッシュタグ #ura_media0322が盛り上がりすぎて @nhk_media という公式アカウントが完全に埋没していたのはちょっともったいなかったかなあと。頑張って結構いいリツイートをしていたのに。。。というわけでトゥギャっておきました。





●NHKの(表)番組の開始は22時、それに30分先立つ21時半から、ケツタンポトフのそらのちゃんによる裏番組Ustream中継「激笑 裏マスメディア~テレビ・新聞の過去~」が小飼弾さんの自宅から中継されていました。(動画は現在非公開)

<出演者>
●津田大介(@tsuda)さん
●堀江貴文(@takapon_jp)さん
●小飼弾(@dankogai)さん
●上杉隆(@uesugitakashi)さん
●切込隊長・山本一郎(@kirik)さん
 (+第二部から出演が終わって駆けつけた川上(@kawango)さん)

22:55時点で8,313viewですね。



よって、視聴者はそれぞれが快適な情報インプットレベルによって下記からセレクトしながら番組を見ることになったと思います。

1)テレビ@NHK(メール等が画面の下の方に表示された状態があるので実際は2インプット)
2)公式Twitterアカウント @nhk_media
3)ハッシュタグ #nhk_media0322
4)Ustream 「激笑 裏マスメディア~テレビ・新聞の過去~」
5)ハッシュタグ #ura_media0322
6)出演者等のTwitterアカウントリスト (ハッシュタグは流れが速過ぎるので)
7)その他

これらを複数組み合わせながら見ていた人が多かったのではないかと思います。

なお、Ustの様子をトゥギャっている方もおられたので掲載しておきます。
「激笑 裏マスメディア~テレビ・新聞の過去~」(二部)まとめ



個人的には、上記メンバーは面白い人たちばかりなだけに、お酒飲んで騒いでたり黙ってたりするのをUstするよりも、番組の内容に対してそれぞれのTwitterで突っ込んだり議論したりしてズバズバ切ったりして欲しかったかなー。その方が面白くなった気がします。もちろんNHK終了後の第2部とか部分的には面白いところもあったので、「終了後にUstで熱いうちに徹底論議」はありなんですけど。。。


●記事等

ITMedia記事:14万人がみた“革命的Ustream放送”「激笑 裏マスメディア~テレビ・新聞の過去~」の裏側
(いいのだけど今回Ustreamは落ちまくり・固まりまくりだったので、多分14万人中50人以上が私だと思いますよ。。。と書いていたら、14万人→14万ビューに記事が修正されました。追記3/29)
manameさんがtogetterやブログでの反応をまとめておられるようなので関連記事やまとめを見たい方はこちらへどうぞ!