2010年3月10日水曜日

非実在青少年問題について

もう色々なところで批判が書かれていますし、最初は殆どネタだと思っていたのですが、なんと条例が通ってしまいそうだということでかなり驚いている「非実在青少年」問題。率直な感想は漫画家の高河ゆんさんのツイート通り:
バカバカしくて、そもそもこんな案が出るだけでも大丈夫か?と思うのですが、本気なんだろうなあ。ゾーニングをきっちりすれば問題ないと思うのですが。そっちの方が先だと思うけど。   元URL

そして可決してしまいそうな理由は、「東京都議の議員に反対する人がいない」かららしい。よって、現在議員さん達への働きかけが行われているようです。




東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト より引用:
<「非実在青少年」とは?>
 東京都当局による新造語です。「年齢又は服装、所持品、学年、背景その他の人の年齢を想起させる事項の表示又は音声による描写から十八歳未満として表現されていると認識されるもの」を指します (はてなキーワード)。要するに年齢設定が18歳未満である少年/少女のキャラクターの事です。また、たとえ成人のキャラクターであっても、外見上が18歳未満であればこの定義に含まれる可能性があります。
私も本物の児童ポルノは厳しく取り締まるべきだと思いますが、実在もしない「キャラクター」をもってきて「非実在青少年」扱いにはおおいに疑問が残ります。源氏物語も「不健全な」「風潮を助長」する作品なのですね、わかります。

しかも18歳以上の設定のキャラクターでも18歳未満に外見上見えたら「非実在青少年」。キャラクターの外見上の年齢を誰がどうやって決めるのでしょうか。

更に、過去の例から見ても「何が不健全で何が不健全でないのかも非常にわかりにくい」との指摘も。(ブログ東京都の不健全指定図書について

しかも、「単純所持」も禁止。(今のところ罰則はありませんが)

これは「全国」の「法律」ではなく、あくまで「東京都」の「条例」なのですが、heboyaさんのツイートの通り:
東京都で実視されることは、多くの出版社、アニメ、ゲームの制作会社が東京にある以上、実質日本全国に適応されるのと同じこと」 今重要なことを言った。 #ac954  元URL

●ITMedia記事 漫画・アニメの「非実在青少年」も対象に 東京都の青少年育成条例改正案 (1/2)

●Togetterまとめ 東京都青少年保護条例改定案(「非実在青少年」規制)問題について

●藤本由香里さんの記事 【重要】都条例「非実在青少年」の規制について

●総務委員会のメンバーのリスト(連絡先も掲載) 東京都青少年保護条例改正案の審議スケジュール

●谷分さん(@himagine_no9)が複写してネットで公開した 改正案



どれだけネットで騒いでも都議の内容には影響は与えられない。議員さん達に理解してもらい、否決してもらわないといけないわけです。よって、そのための情報が色々なところでまとめられています。

●反対運動をするには:

直接陳情>電話>手紙・葉書>電子メール」で、メールは殺到しているので避け、手紙か葉書がよいそうです。FAXは都議側に経費的負担がかかるので厳禁とのこと。

注意事項を書いたブログ「コンテンツ文化研究会で3/7に集会がありました。」より抜粋引用:
-配慮が無いコピペは厳禁。しっかり自分の言葉で丁寧に礼儀正しく書く。
-議員さんは特に「区民の要望」には敏感です!
 都民の人は自分の選挙区の議員さんには特に積極的にコンタクトしてみてください。
-メールや電話の際、特に自公議員・生活者の場合、あくまでも和やかに丁寧に
 「あなたを応援しているのだけれども、心配しています」というような立場が穏当です。
 敵対な挑発態度や「あなたは間違っている!」という対抗意識は避けましょう。
-なぜ漫画アニメばかり批判されるのか?という現状を理解してもらえるようにしましょう!
-本当に治安が悪化しているのか?……NOという事実を伝えてください!
-あくまでも「児童ポルノを肯定するものではない」ということを確実に強調!!

もう一つ転載歓迎との笹本祐一さんのmixi日記から引用します。

-とりあえず民主党の都議会議員に、メールではなくて、『封書』『ハガキ』で反対の意思を送るのが効果的
-最も効果的なのは、やはり都内在住の方が「その選挙区の議員」に封書、ハガキを出すこと。(※封書の方が重みがあるそうです)
それ以外の方は、『民主党都議会議員』のサイトをチェックして、「二期、三期当選の若手議員」に送るのが、理解されやすくていいとのこと。幹事長といった役職の人も、もちろん力があるのでいいそうです。
「非実在青少年」規制問題・対策まとめによると、コピペせずに、自分の文章で書くのが重要ですが、参考までこういうポイントを抑えるとよいとのこと。

●主張するべき内容●

  • 「条文案を見て、問題の多い内容だと感じた」
  • 「条例の廃案を希望します」
  • 「児童ポルノを肯定するつもりはないが、今回の改正案はやりすぎ」
  • 漫画やアニメばかりが批判されるのはおかしいと訴えてみる
  • 知名度・世間の評価が作品で、今回の規制に引っかかりそうなものを挙げてみる
      (※なお、都知事の小説作品は「太陽の季節」)
  • 漫画もアニメも、日本が世界に誇れる文化のはず
  • 「漫画やアニメと性犯罪を結びつけて考えるのはおかしい」
  • 「反対してくれないと支持するのやめるかも?」

  • こちらは2-3期に限定されない都議会議員リスト

    そしてさっそくTwitter議員の皆さんが動き始めているもよう。下記は渋谷区議の鈴木けんぽうさんのツイート:

    @hazuma 先ほどの件、原田(北区)、小山(府中市)、滝口(荒川区)、中村(三鷹市)、柳ヶ瀬(大田区)の各都議にメール送りました。1期2期の若手ばかりなんで、結果がどうなるかは保証できませんが…取り急ぎご報告まで。  元URL

    @hazuma 先輩、今日都議会議長の就任パーティーがあるので、都議会民主党の幹事長・政調会長辺りを捕まえられたら記事手渡しておきますね、一応。  元URL



    ●抗議の声。

    こちらのサイトに掲載されている漫画家ちばてつやさんの「…と、ボクは思います!」という漫画は必見。

    ●3/15開催「東京都による青少年健全育成条例改正案と『非実在青少年』規制を考える。」記者会見

    山口貴士さん(弁護士)
    竹宮惠子さん(漫画家、京都精華大学マンガ学部学部長)
    里中満智子さん(漫画家、マンガジャパン事務局長、大阪芸術大学教授、文化庁文化審議会委員)
    森川嘉一郎さん(明治大学国際日本学部准教授)
    呉智英さん(評論家、日本マンガ学会会長、京都精華大学客員教授)
    藤本由香里さん(評論家、明治大学国際日本学部准教授)
    ちばてつやさん(漫画家)
    永井豪さん(漫画家)

    IT Media記事「文化が滅びる」――都条例「非実在青少年」にちばてつやさん、永井豪さんら危機感
    togetterまとめ



    ●3/15『非実在青少年 規制を考える?』緊急集会(会見の後に行われたもの)

    山口貴士(弁護士)
    竹宮惠子(漫画家、京都精華大学マンガ学部学部長)
    里中満智子(漫画家、マンガジャパン事務局長、大阪芸術大学教授、文化庁文化審議会委員)
    ささやななえ(漫画家 代表作:児童虐待防止法成立に力のあった「凍りついた瞳」)
    森川嘉一郎(明治大学国際日本学部准教授)
    呉智英(評論家、日本マンガ学会会長、京都精華大学客員教授)
    藤本由香里(評論家、明治大学国際日本学部准教授)
    永井豪(漫画家)


    小寺さんのブログ「非実在青少年規制反対集会速報
    togetterまとめ

    反対する作家等のリスト

    藤子不二雄A /さいとう・たかを /やまさき十三 /北見けんいち /あだち充
    高橋留美子 /青山剛昌 /萩尾望都 /赤石路代 /秋里和国 /本宮ひろ志
    萩野真 /ビッグ錠 /大見武士 /やまだこうすけ /佐野タカシ
    ちばてつや /弘兼憲史 /かわぐちかいじ /小林まこと /前川たけし
    八神ひろき /赤松健 /藤沢とおる /芹沢直樹 /こしばてつや
    西川宇宙 /大和和紀 /深見じゅん /中村真理子 /国友やすゆき
    西岸良平 /はやせ梓 /高口里純 /私屋カヲル /わたなべまさこ
    板垣恵介 /浜岡賢次 /安彦良和 /山口貴由 /高橋洋介 /吉富昭仁
    今川泰宏 /佐藤健悦 /吉野弘幸 /ほか(敬称略)




    Gigazine記事:「非実在青少年」問題とは何なのか、そしてどこがどのように問題なのか?まとめ