2010年2月27日土曜日

Loftwork10周年パーティ

日頃から大変仲良くして頂いている会社「ロフトワーク」が10周年を迎えました!


若くて優秀なアーチストの多くは、お仕事をくれる会社や代理店等との人脈もないし売り込みもうまくないのでうまく仕事が取れない。大企業の多くは、若くて優秀なアーチストとの接点がないので、代理店に中間マージンを払いつつ、その代理店が知っているアーチストとしか仕事ができないので、すごく面白てユニークなことを行うようなアーチストと出会うことができない。ロフトワークとは、そういったクリエイター・アーチストと企業をつなぐ会社です。以前ロフトワークについて書いた記事(英語)。ロフトワークには現在13,680名のクリエイターの皆さんが登録しています。


私も下記の通り記事を掲載して頂いたりしています。


また、森美術館の「万華鏡の視覚展」のロフトワークレポーターにも参加させて頂きました。


ロフトワークのいいところは、経営者がハッピーで、社員がハッピーで、パートナー企業がハッピーで、会員のアーチスト達がハッピーで、株主もハッピーであること。そしてその全員がこうしてパーティ等の折々に集まり、ファミリーのようになっているところ。

これは社長の諏訪さんがプレゼンしたスライド。自分が左で、共同経営者の千晶さんが右のお姫様。なんかねえ、この絵を見たとき諏訪さんって素晴らしいなあと思いましたよ。


こちらが本物の千晶さん。


社員の皆さんで嵐の"Love So Sweet"を合唱。この楽しそうな顔。朝練とかしてたそうですよ。高校生かと!本当に愛すべきロフトワーク。


投資家であるJoiもオープンイノベーションについてスピーチ。(Photo CC-BY masahiko)

投資の話 by masahiko.


ちなみに、経営者の千晶さんが「ロフトワークはめちゃめちゃ儲かっているわけではないし、IPOで投資家リターン10倍みたいなことを返せてない」というようなことを伝えたら、Joiは「それよりロフトワークのみんながハッピーであることの方が大事」って言ったんですって。さすがJoi。そしてそれが経営者、社員、アーチスト、パートナー企業その他ロフトワークファミリーみんながいるところでシェアされていく。ロフトワークはそういう会社です。


こういう会社にはこういう社員がついてきて、こういう投資家がついて、お金はもちろん大事なのでみんなが食べていけるように稼ぐし、クライアント企業にもハッピーになってもらえるように質の高い仕事をしてリピートオーダーを続けるし、仕事の機会を得たアーチストもハッピーなんだけど、お金じゃぶじゃぶではない。国についてGNPじゃなくてGross National Happinessではかったらどうだという話があったけど、この会社のハピネスレベルは日本有数だと思います。

是非このロフトワークのよさを、これから10年20年と保っていってほしいと思いました。改めて、10周年おめでとうございます!

さて、このパーティの目玉はオークション

それに先立ち、コンテンポラリーアーチストの椿昇さんと森美術館館長の南條史生さんによるトークセッション。椿さんいわく、「世界で最も芸術鑑賞するのは日本人。でも、最も芸術を購入しないのも日本人。特に舶来礼賛で、日本人の作品を買わない。」手元に芸術を置くという習慣がないし、特別な人しか芸術に関われないと思ってる。でも、家の壁に同じ絵をずっとかけっぱなしにするのではなく、本当は好きなアートをたくさん手元に置き、大事にしまって、好きな物を好きな時に取り出して飾り直すという生活を日本人もエンジョイすべき。。。とのこと。


このオークションはそこへの第一歩ということで行われました。もちろん殆どの人がオークションは初めて。なお、このオークションは収益の80%がアーチスト自身へ、20%はTokyo Art Beatへの寄付となるチャリティオークションになっていました。

このオークション、プロのオークション会社にお願いして開催された本格的な物。オークショナーのお姉さんがめちゃめちゃかっこよかったです。テンポが速くて考えている暇がない感じでしたが、普通のオークションと比べるとこれでもゆっくりな方だそうな。



オークションで入札する練習をしている関さん。


様々な作品が出展されました。


アーチスト自身が作品について説明し、オークションにかけられます。





帽子になる作品!おもしろーい!かぶりたーい!と立候補したらそのまま(私ごと?)オークションにかけられてしまいました!売れなかったらどうしようかとドキドキしてたら、Ustream/Twitter経由で購入者が!ありがとうございます、ありがとうございます!そう、このオークションは多分日本で初めて?のUstream/Twitter 連動型オークションだったのです。



そして最も高値がついたのはもちろんこちら、椿さんの作品です!



「シャンパン王子」ことシックスアパート社長の関さんから6リットルのシャンパンがプレゼントされました!すごい大きさ。(Photo CC-BY masahiko




ロフトワークの皆さん、楽しい夕べをありがとうございました!

※断りなき全ての写真は CC-BY-NC-ND by Fumiです。
掲載している以外のパーティの写真はこちらから。
iPhoneでの撮影なのであまりキレがよくないですが。。。


Ustream中継されていたので、アーカイブがありました。こちらです!