2010年1月15日金曜日

ウユニへの行き方

Uyuniへの行き方ですが、多くの人はLa Paz(ボリビアの首都)から行くようです。他にチリのSan Pedro de Atacamaからのルート、南のアルゼンチンから来るルートがあります。私はアルゼンチンから行きました。

南米の交通はバスが中心になります。お金があれば飛行機でもいいのですが、かなり高くつきます。電車はほとんどありません。よってバスが発達しています。バスのクオリティはピンきりで、同じルートであっても10倍ぐらい料金が違ったりします。安いバスだとボロだったり臭かったり窓ガラスが割れていたり席がなかったりまあ色々あるようです。どうせ安いのでそれなりのバスを選ぶのがよいと思います(^^;;一番高いバスも乗ってみたのですが飛行機のビジネスクラスみたいなふかふかのシートで、食事もバスの割にはちゃんとしていました。なお、ボリビアやペルーの道路は舗装されていないところも多いので色々なところにいく場合は情報収集をしてください。

私はアルゼンチン内は全てバスで回っていました。北上してきてボリビアとの国境のアルゼンチン側の町Quiacaに到着。バスターミナルから国境はちょっと離れているのでタクシーを使う必要があります。

国境の様子。

一眼レフ 4110一眼レフ 4113

ふと横に目をやると野良豚や野良羊が。。。

一眼レフ 4111一眼レフ 4114

正直、アルゼンチン=ボリビア国境はこのときはザルでした。ネット上にこの国境越えがすごく問題が多くて大変とたくさん書いてあるので一応そういう覚悟をもして頂きたいわけですが、私が行った時は超ザル。旅行者はスタンプをちゃんと押してもらわないと出国時に問題になるので並んで押してもらうわけですが、アルゼンチン=ボリビア国境はその日のうちに帰ってくるならばイミグレーションをしなくてよいということになっているそうで、人が普通にぞろぞろ行き交っています。並んでる自分が馬鹿馬鹿しくなるぐらいみんなスルー。アルゼンチン=チリの国境は荷物チェックからパスポートチェックからすごい厳重だったのですがここは完璧にスルーです。

国境を歩いて超えてボリビア側のVillazonへ。Uyuniまでは電車を使って到着。(電車の駅は国境から離れているのでここもタクシーが必要。国境で行列するので周りの人と仲良くなっておくとタクシーを分乗できてぐーです。)

ガイドブックによってはQuiacaから列車に乗れると書いてあるのですが、これは間違いです。Quiacaで列車の駅を探しに行ったら廃墟になっていました。アルゼンチンはかつて非常にインフラの整った国で、列車も発達した国だったはずなのですが、列車を全て廃止することになって全て廃線になってしまいました。車で旅をしていると使われなくなった線路や駅などに遭遇し物悲しい気持ちになります。

列車は最初で最後だと思って一等にしました。

一眼レフ 4117一眼レフ 4118

食堂車でのお食事もついてます。
一眼レフ 4160一眼レフ 4162

窓から見える風景。水不足でかなり干上がっています。。。
一眼レフ 4125一眼レフ 4148
一眼レフ 4161一眼レフ 4156
一眼レフ 4138一眼レフ 4135


一眼レフ 4130一眼レフ 4122

畑作業
一眼レフ 4154

バスが崖っぷちから落ちそうなんですけど。。。(^^;;
一眼レフ 4121


ウユニには深夜に到着。列車内で友だちになったヨーロッパ系リサーチャー達(ウユニの生態系を調査)と一緒に宿を探して宿泊。翌日は町を歩いたりツアー会社を駆け回って情報収集していました。ウユニという町は10年前は本当に何もない町だったのが最近の観光ブームで旅行代理店だらけになったそうで、その数60軒はあると言われています。どこもかしこも旅行代理店。そしてこの町に来る旅人のほとんど全てが何らかのツアーに乗る。というわけで良心的なツアー会社から悪質なところまでかなりピンきりになっています。時々早朝ウユニに到着してそのまま適当にツアー会社を選んで行っちゃう人もいるのですが、できれば前日に着いてツアー会社をいくつか回って選んでから行った方がいいと思います。料金設定の仕方とか、色々スペックが違ったりするのでちゃんと比較して決めた方がよいと思います。(英語ガイドは一律料金のところもあれば英語が必要な人の人数頭割りのところもあるし。食事を作るコックさん同伴のツアーもそうでないツアーもあるし。塩のホテルに泊まるかどうかなどのポイントも違うし。)なお、Lonely Planetに載っているRankingsという旅行代理店の評価をやっているサービスはつぶれてなくなっています。町を歩いている他の旅人達で帰ってきたげな人たちに口コミを聞くというのもありです。お互い様なので結構みんな親切に教えてくれます。(そのかわり自分も後から来る人たちに親切に教える)

そして3日間ツアーに行き、町に戻ったその足で夜行バスで La Pazに行きました。